小河真文⑥─篠原正一氏『久留米人物誌』より

以下、小河真文口上書の抜粋である。

●七生隊の血盟─攘夷の貫徹
〈私儀、山口藩脱徒へ関係致し候始末、御吟味御座候。此段、私儀者同藩士族小河新吾倅にて、父之跡相続いたし候処、病気に付、去々巳年八月中退勤いたし、弟邦彦へ相譲、厄介相成罷在、然処、一体私儀、兼々尊攘之意を貫通致し度存居候処、御維新以来、追々御政体之変革より、外国御交際被仰出、遂に洋癖に被化、断髪脱刀の形勢に押移り候に付ては、私多年の宿志も空敷相成、甚遺憾に付、時機も有之候はゞ、攘夷恢復之儀を謀度、窃に存居、去々己年中、私並士族古松簡二申合、新規有志之者を募り、七生隊を取立、旧習を去り、藩力を盛隆にいたし度趣中合、同志之者を語り合、別に盟主は無之候へ共、私儀盟主に代り、同藩小川源之丞・田島清太郎・村井滝弥・妹尾末之進初め重立候者三拾人許、外に同志之者百人程出来致し、四箇条程之規則を立、大意は尊攘之意を主張いたし、士気を振興し、風俗を厚きに返し、在来之兵隊と競ひ合候は宜敷候へ共、猥りに争ひ候儀は難相成、仮令、艱難之場合に至り候共、聊志を変ず間敷趣等箇条を立、銘々血盟連判致し候上、右重立候者之内三拾人許、藩内寺院へ屯集いたし、右七生隊是非取立相成様致し度趣申立、藩庁へ迫り、同時に卒のもの共三拾人程別寺院へ屯集いたし、同様之儀を強而申立候処、藩庁より説得有之、追々離散いたし、右血盟之手続は、私並古松簡二宅において取計ひ候へ共、私儀重立引受候儀に付、血盟書は私所持いたし居候処、其後引裂き取捨申候。〉

[続く]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください