「平田篤胤」カテゴリーアーカイブ

平田派国事犯事件(明治四年)の真相

 明治四年に、矢野玄道、丸山作楽、角田忠行らの平田派国学者が政府から弾圧される事件が起きた。大嘗祭をめぐる路線対立が一因とも言われているが、阪本是丸は『明治維新と国学者』(大明堂、平成五年)の中で、次のように書いている。
「……(角田)忠行らの拘禁事件はいわゆる明治四年の平田派国事犯事件と称されるものであるが、その原因・背景は詳細にはわかっていない。大嘗祭を東京で挙行しようとしていた神祇官の少副の福羽美静が、それに反対して京都での挙行を強固に主張・運動している角田忠行、矢野玄道らを抑圧するために拘禁させた事件ともいわれている。しかし、丸山作楽が政府の外交政策に不満をもち、征韓論を主張して不平士族の朝鮮派兵を画策しているとの情報を政府は把握しており、忠行、矢野らと丸山との関係には密接なものがあった。真相は明らかではないが、丸山との関係が中核となってこの事件となったと考えられる。いずれにせよ、忠行、矢野らも事件の真相については何も語っておらず、状況証拠にも乏しい。大雑把にいうならば、三条実美、木戸孝允、大久保利通ら政府首脳による尊攘派にたいする弾圧策の一環であろう。
 後になって忠行らはこの拘禁が福羽美静の策謀によるものであると樹下茂国から知らされた。しかし『矢野玄道』で矢野太郎が、「旧慣打破を以て文明開化の能事と考へて居た当時一部の為政者には、たとへ福羽子の事なくとも、かかる主張は随分うるさい物であつたに相違ない。されば此大嘗祭が翁等の厄難の一原因であつたらうが、ここに至るまでには猶幾多嫌疑を招く原因も有つたやうだ」と述べているように(同書、一九八頁)、矢野玄道、丸山作楽、角田忠行、権田直助といった平田派有力国学者の集団的行動には、政府もかなりの注意をしていたのであろう。この事件の背景には、単に大嘗祭問題だけではなく、もっと大きな反政府運動の展開があったのである」
 事件の背後で、文明開化路線に舵を切ろうとした明治政府と、維新の貫徹を目指す勢力の熾烈な綱引きが展開されていたのであろう。
(写真は丸山作楽)

『夜明け前』と平田国学

国学派ネットワークの情報拠点・中津川
 明治維新に至る尊皇攘夷運動における国学の影響を考える上で、島崎藤村晩年の大作『夜明け前』は重要な資料となる。二部からなる同書は、ペリー来航の嘉永六(一八五三)年前後から明治十九(一八八六)年に至る激動の時代を、中山道の宿場町であった信州木曾谷の馬籠宿(現在の岐阜県中津川市馬篭)を舞台に、主人公青山半蔵の生涯を描いた作品である。半蔵のモデルとなったのが、藤村の父正樹だ。
 馬籠で本陣・問屋・庄屋を代々の家業としてきた家に生まれ、その家業を継いだ半蔵は、平田派の国学に傾倒して王政復古を願った。しかし、明治維新は彼が描いたものとは別のものとなっていく。絶望した半蔵はついに狂い、座敷牢に生涯を終えた。 Continue reading “『夜明け前』と平田国学” »

生田万関連写真①

相馬御風『義人生田万の生涯と詩歌』(春秋社、昭和4年)に掲載された万ゆかりの写真

平田篤胤のアジア統一思想─藤田徳太郎『本居宣長と平田篤胤』

 藤田徳太郎は昭和18年に刊行した『本居宣長と平田篤胤』(丸岡出版社)において、以下のように、興亜思想の文脈で平田篤胤の思想を捉えた。
「篤胤のすべての研究が、一つの目的に集中せられてゐるのを見るとき、わが国を指導的位置において、アジアの文化圏を構築する、雄大な世界観の構想が、初めて了解せられるのである。実に、アジア統一の思想は、篤胤の学問の根幹をなすところ、この壮大な意図が、篤胤の尨大なる著書を一貫して、烈々たる気魄のもとに、展開せられてゐるのである。大扶桑国考にはアジアの地図が挿入してあるが、この支那、南方諸国を含む地図の中に、わが国を中心とする大扶桑国の全貌が盛られてゐるのである。大扶桑国は、取りも直さず大アジア統一化の理想の表現に他ならない」

本田親徳の古神道

神道霊学中興の祖

本田親徳
 文政5(1822)年1月に薩摩藩で生まれた本田親徳(ほんだちかあつ)は、幼い頃から漢学と剣道を修業した。天保10(1839)年、17歳のときに京都に出て、その後江戸に移った。会沢正志斎に入門し、和漢の学を学んでいる。平田篤胤の家にも出入りしていたとされている。
京都に滞在していた天保14(1843)年、21歳のとき、狐憑きの少女に会い、憑霊状態で和歌を詠むのに衝撃を受け、霊学研究に入ったという。この「和歌を詠む」という点が、極めて重要なのではなかろうか。彼は、歌の機能に対する特別な思いを抱くようになったに違いないからである。
Continue reading “本田親徳の古神道” »