『徳川幕府が恐れた尾張藩─知られざる尊皇倒幕論の発火点』参考文献②

◎主要書籍

『垂加神道』(上・下)、神道大系編纂会 昭和53年~59年
NHKプラネット中部『写真家大名・徳川慶勝の幕末維新―尾張藩主の知られざる決断』日本放送出版協会、平成22年
阿部秋生『河村秀根』三省堂、昭和17年
井上智勝『吉田神道の四百年 神と葵の近世史』講談社、平成25年
磯前順一・小倉慈司編『近世朝廷と垂加神道』ぺりかん社、平成17年
羽賀祥二、名古屋市蓬左文庫『名古屋と明治維新』風媒社、平成30年
加来耕三『徳川宗春 尾張宰相の深謀』毎日新聞社、平成7年
河合敦『徳川幕府対御三家・野望と陰謀の三百年』講談社、平成23年
河村秀根・益根編著『書紀集解 附録 河村氏家学拾説』臨川書店、昭和63年
梶山孝夫『義公漫筆』錦正社、令和2年
岸野俊彦『幕藩制社会における国学』校倉書房、平成10年
岩田隆『東海の先賢群像 続編』桜楓社、昭和62年
岩田隆『東海の先賢群像』桜楓社、昭和61年
鬼頭素朗『尾張学概説』奎星社、昭和15年
亀井宏『尾張の宗春』東洋経済新報社、平成7年
近藤啓吾『山崎闇斎の研究』神道史学会、昭和61年
近藤啓吾『続・山崎闇斎の研究』神道史学会、平成3年
近藤啓吾『続々・山崎闇斎の研究』神道史学会、平成7年
拳骨拓史『兵学思想入門: 禁じられた知の封印を解く』筑摩書房、平成29年
皇学館大学出版部『皇学論集 高原先生喜寿記念』(田辺裕「徳川義直の神道研究」所収)、昭和44年
高橋美由紀『伊勢神道の成立と展開 増補版』ぺりかん社、平成22年
高埜利彦『江戸幕府と朝廷』山川出版社、平成13年
佐伯有義等編『神祇全書』皇典講究所、明治39年
三田村鳶魚『将軍家の御家騒動』グーテンベルク21、平成26年
山下昌也『徳川将軍家の真実』学研プラス、平成19年
山口和夫『近世日本政治史と朝廷』吉川弘文館、平成29年
市橋鐸『松平君山考』名古屋市教育委員会、昭和52年
手島益雄『愛知県勤王家伝』東京芸備社、大正13年
手島益雄『愛知県儒者伝』東京芸備社、大正元年
出村勝明『吉田神道の基礎的研究』臨川書店、平成9年
松永義弘『柳生一族の陰謀』富士見書房、昭和58年
松本丘『垂加神道の人々と日本書紀』弘文堂、平成20年
城山三郎『冬の派閥』新潮社、昭和60年
植松茂彦編『鈴門遺草』中日出版社、昭和59年
森田康之助『湊川神社史 中巻 景仰篇』湊川神社社務所、昭和53年
秦達之『尾張藩草莽隊―戊辰戦争と尾張藩の明治維新』風媒社、平成30年
水谷盛光『実説名古屋城青松葉騒動―尾張徳川家明治維新内紛秘話』名古屋城振興協会、昭和47年
石岡久夫編『日本兵法全集 第7 諸流兵法 下』人物往来社、昭和43年
折本龍則『崎門学と『保建大記』―皇政復古の源流思想』崎門学研究会、令和元年
大鳥居武司『天野信景の研究』大鳥居武司、平成20年
中部日本放送株式会社編『宮廷の雅 有栖川宮家から高松宮家へ』中部日本放送、平成23年
中野雅夫『革命は芸術なり 徳川義親の生涯』学芸書林、昭和52年
塚本学・新井喜久夫『愛知県の歴史』山川出版社、昭和45年
田中善一『熱田神宮とその周辺』名古屋郷土文化会、昭和43年
田辺裕『尾張藩と真清田神社』真清田神社社務所、平成13年
渡辺博史『幕末尾張藩の深慮遠謀―御三家筆頭の尾張が本当に何もしていなかったのか』ブックショップマイタウン、平成27年
藤田覚『江戸時代の天皇』講談社、平成30年
徳川義親『最後の殿様―徳川義親自伝』講談社、昭和48年
徳川義直著、尾張徳川黎明会編『類聚日本紀 解説』尾張徳川黎明会、昭和14年
徳川美術館編『徳川義直と文化サロン : 尾張家初代藩主義直生誕400年 : 秋季特別展』徳川美術館、平成12年
徳川黎明会徳川林政史研究所編『源敬様御代御記録 第1~4』八木書店古書出版部
南原幹雄『御三家の反逆 上』角川書店、平成7年
日本史籍協会編『尾崎忠征日記 1、2』東京大学出版会、昭和59年
平賀泥水『山県大弐と宝暦・明和事件 知られざる維新前史 Kindle版』日吉埜文庫、平成25年
北川宥智『徳川宗春 〈江戸〉を超えた先見力』風媒社、平成25年
名古屋市教育委員会編『名古屋叢書 第1巻 文教編』名古屋市教育委員会、昭和35年
名古屋市教育局文化課『徳川義直公と尾張学』昭和18年
名古屋市博物館編『尾張名古屋の古代学 江戸時代の名古屋人がみた古代』名古屋市博物館、平成7年
名古屋市蓬左文庫編『名古屋叢書 三編第11巻』(楽寿筆叢)、名古屋市教育委員会、昭和60年
野口勇『維新を動かした男―小説尾張藩主・徳川慶勝』PHP研究所、平成10年
有馬祐政編『勤王文庫 第1編 教訓集 第1』大日本明道会、大正8年
林英夫編『図説 愛知県の歴史』河出書房新社、昭和62年
林董一『将軍の座―徳川御三家の政治力学』風媒社、平成20年

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください