『徳川幕府が恐れた尾張藩─知られざる尊皇倒幕論の発火点』参考文献①

◎国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能な書籍

 庵原小金吾『名古屋史談』東壁堂、明治26年
 井上哲次郎・有馬祐政編『武士道叢書 中巻』(特に兵要録抄録等)、博文館、明治39年
 荻野錬次郎『尾張の勤王』金鱗社、大正11年
 河村秀根『書記集解 首巻』国民精神文化研究所、昭和15年
 近松彦之進編『昔咄 抄録』国史研究会、大正4年
 近松茂矩他著『円覚院様御伝十五箇条』名古屋史談会、明治45年
 佐賀楠公会編『楠氏余薫』木下泰山堂、昭和10年

 佐藤堅司『日本武学史』大東書館、昭和17年
 佐野重造編『大野町史』(特に第18節「勤王と大野」)大野町、昭和4年
 山本信哉編『神道叢説』国書刊行会、明治44年
 山野重徳『国会請願者列伝 通俗 初編』(特に荒川定英)博文堂、明治13年
 手島益雄『愛知県城主伝』東京芸備社、大正13年
 小菅廉編『尾参精華』秀文社、明治32年
 西村時彦『尾張敬公』名古屋開府三百年記念会、明治43年
 天野信景『塩尻 上』帝国書院、明治40年
 天野信景『塩尻 下』帝国書院、明治40年
 田部井鉚太郎編『愛知県史談』片野東四郎等、明治26年
 徳川宗春『温知政要』秋廼屋秋楽、天保7年
 名古屋市編『名古屋市史 人物編 第1』川瀬書店、昭和9年
 名古屋市編『名古屋市史 人物編 第2』川瀬書店、昭和9年
 名古屋市編『名古屋市史 政治編 第1』名古屋市、大正4年
 名古屋市教育会編『済美帖』名古屋市教育会、大正4年
 名古屋市立名古屋図書館編『郷土勤皇事績展覧会図録』郷土勤皇事績展覧会図録刊行会、昭和13年
 野村八良『国文学研究史』(特に13 吉見幸和及び河村秀穎、同秀根)、原広書店、大正15年
 『越中史料 巻3』富山県、明治42年
 『吉見幸和集 第1巻』国民精神研究所、昭和17年
 『吉見幸和集 第2巻』国民精神研究所、昭和17年

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください