「興亜の歴史を上海に見つける」②─『上海歴史ガイドマップ』

『上海歴史ガイドマップ 増補改訂版』地図編13「虹口」には、松崎洋行、東和洋行をはじめとして、日本人ゆかりの場所が記されている。
地図の左下、蘇州河に架かる河南路橋付近の「河浜緑賓館」の一角に「東和洋行」と赤字で記されている。ここは、日本人経営のホテルで、金玉均が暗殺された場所。
また、飄鷹大酒店の北側に松崎洋行と記されている。ここは辛亥革命の最中に、北一輝が拠点としていた日本旅館である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください