ギタンジャリから─タゴールの詩

ギタンジャリから

69
[英文]
The same stream of life that runs through my veins night and day runs through the world and dances in rhythmic measures.
It is the same life that shoots in joy through the dust of the earth in numberless blades of grass and breaks into tumultuous waves of leaves and flowers.
It is the same life that is rocked in the ocean-cradle of birth and of death, in ebb and in flow.
I feel my limbs are made glorious by the touch of this world of life. And my pride is from the life-throb of ages dancing in my blood this moment.

[和訳]
昼となく夜となく わたしの血管をながれる同じ生命の流れが、世界をつらぬいてながれ、律動的に鼓動をうちながら 躍動している。
その同じ生命が 大地の塵のなかをかけめぐり、無数の草の葉のなかに歓びとなって萌え出て、木の葉や花々のざわめく波となってくだける。
その同じ生命が 生と死の海の揺籠のなかで、潮の満ち干につれて ゆられている。
この生命の世界に触れると わたしの手足は輝きわたるかに思われる。そして、いまこの刹那にも、幾世代の生命の鼓動が わたしの血のなかに脈打っているという思いから、わたしの誇りは沸きおこる。


71
[英文]
That I should make much of myself and turn it on all sides, thus casting coloured shadows on thy radiance — such is thy maya.
Thou settest a barrier in thine own being and then callest thy severed self in myriad notes. This thy self-separation has taken body in me.
The poignant song is echoed through all the sky in many-coloured tears and smiles, alarms and hopes; waves rise up and sink again, dreams break and form. In me is thy own defeat of self.
This screen that thou hast raised is painted with innumerable figures with the brush of the night and the day. Behind it thy seat is woven in wondrous mysteries of curves, casting away all barren lines of straightness.

[和訳]
わたしは 自分自身をいつくしみ、あらゆる方へと歩み入り、おんみの輝きに さまざまな色彩の影をなげかけなければならない─それが おんみのマーヤー。
おんみは ご自身の存在に 限りをもうけ、自分の分身を 数かぎりない調べで呼ぶ、こうして、おんみの分身が わたしのうちにも 形となって表れたのだ。
心をゆさぶる歌声が 色さまざまな涙と微笑、恐怖と希望となって 空いっぱいにこだまする。波は 高まっては またくだけ、夢は 破れては またむすぶ。わたしのなかでおんみ自身 自らをうちやぶる。
おんみが張りめぐらした帷には 夜と昼の鉛筆をもって 無数の形が描かれている。帷の奥では、おんみの席は、味気ない直線をみなかなぐりすてて 妙なる曲線の神秘で織りなされている。
(R・タゴール著、森本達雄訳註『ギタンジャリ』第三文明社、1994年)。


コメントを残す