「小沢一郎」カテゴリーアーカイブ

小沢一郎氏「安倍総理のTPP交渉への参加表明を受けて」(平成25年3月15日)

 2013年3月15日、安倍晋三首相がついにTPP交渉参加を表明した。TPP参加は国家主権の放棄であり、国体の破壊に直結する。経済界の一部の利益のために、国体を破壊するようなことは断じて許してはいけない。
 残念なことに、日本維新の会とみんなの党は自民党以上にTPPに積極的だ。こうした中で、同日生活の党代表の小沢一郎氏が明確な声明を出している。

〈本日、安倍晋三首相が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加表明を行った。生活の党はかねてより、TPPが単なる自由貿易協定ではなく、日本国民の命と暮らしを脅かし、社会の仕組みの改変を迫る異質な協定であることから強く反対してきた。しかし自公政権が日本の国益を守るより、米国の言いなりになり、TPP交渉に参加表明したことは、国家百年の大計にもとる重大な誤りであり、即時撤回を強く求める。
Continue reading “小沢一郎氏「安倍総理のTPP交渉への参加表明を受けて」(平成25年3月15日)” »

マスコミが阻止する石原─小沢連携

高橋清隆 亀井静香インタビュー(上) 「自民党も民主党も消える」
(2012年 7月 31日 01:25)
 4月の国民新党離党からマスメディアに無視されている亀井静香衆議院議員。民主・自民・公明3党による談合政治の茶番を突き崩すため、新党づくりを進めている。「最後の戦い」と位置付ける亀井氏に27日、その展望と現状を聞いた。

——当初、「石原新党」の結成を「サクラが咲くころ」と言っていた。この構想は生きているのか。
亀井 歴史は一挙にいかない。紆余曲折はある。絵に描いたように計算通りには。それでも、1つの目標を設定しなければならない。6月13日に石原(慎太郎東京都知事)本人と会って、「やろう」と決めた。具体的な話をきちっと整えて。ただ、彼は政治家じゃないから、文章を書いては消している。それで、おれに怒鳴られている。そうは言っても時期が来た。やる。

——一番ネックになっているのは何か。
亀井 尖閣の問題だ。石原が手を付けた問題だが、国に取り組ませればいい。これを整理しないといけない。そういうこともあるから少し延びている。 Continue reading “マスコミが阻止する石原─小沢連携” »