「高倉健」カテゴリーアーカイブ

高倉健「気持ちは、映る」

高倉健今夜(9月10日)放送の「高倉健インタビュースペシャル」を視た。
8日放送の感想で、「高倉の演技は文字通り、魂による演技だ」と書いたが、今回のインタビューでそのことが明確になった。
やはり、彼が重視するのは、テクニックではなく魂であった。
『ゴッドファーザー』のマーロン・ブランド。疎遠だった息子が会いに来るシーンを見て、高倉は大仰な芝居がないのに、人の心を打つことを知った。それは、高倉が「どれだけの本物の気持ちを込められるか」が最も重要なのだと確信した瞬間だったろう。
インタビューで高倉は語った。「気持ちは、映る」と。
そして、映画俳優として一番大事なことは感受性だと語った。だから、彼は感受性を高めるために、良い映画を見たり、感動できる小説を読んだり、美術品を見たりするのだという。

 

高倉健という生き方

高倉健 平成24年9月8日放送の「高倉健 プロフェッショナル 仕事の流儀」を視た。映画『あなたへ』の撮影現場に密着して、高倉の素顔に迫ったドキュメンタリー。
俳優の世界に限らず、政治を含めあらゆる職業が、ノウハウやテクニックに流され、最も重要な人間性を忘れがちな今日、高倉の生き方を手本にしたい。
青年時代、『網走番外地』シリーズ、『日本侠客伝』シリーズなどの任侠映画で人気を博した高倉だが、「俳優とは何か」を問い直す過程で、昭和51年、45歳のときに東映を退社してフリーとなった。以来、納得できる映画にだけ出演するようになる。
昭和52年の『八甲田山』以来、高倉は、多くの「自分の持ち分を全うする男」を演じてきた。『幸福の黄色いハンカチ』『南極物語』『鉄道員』など、日本中の心を震わせる感動作の誕生は、「生き方が、芝居に出る」と肝に銘じてきた高倉の生き方と一体化した役作りの賜物である。
高倉は俳優として、テクニックよりも、日々ストイックに、全うな生き方をすることで、自分の人格を磨いてきたのではないか。彼が、木村久迩典『男としての人生―山本周五郎のヒーローたち』を愛読しているのも、なるほどと思わせる。義理がたく、人情が厚く、筋を通すという、高倉に対する周囲の評価は、その一面をとらえたものである。
高倉は、映画を通じて「こんな生き方があってもいいのではないか。それを見せたい」と語っている。
高倉の演技は文字通り、魂による演技だ。彼は演じる時、何より「自分の心によぎる本当の気持ち」を大切にするという。心をよぎった本物は、自然とにじみ出ると信じるからだ。
最高の演技は一回しかない、だから全身全霊で一度の本番にかけるという高倉が語る「一度きりを、生きる」という言葉には、ずしりと重みが加わる。

高倉健の「単騎、千里を走る。」─アジア合作の時代

「単騎、千里を走る。」2005年10月に開催された第18回東京国際映画祭は、アジア映画の躍進のみならず、アジア合作の時代を印象づけた。ハリウッド映画を押しのけて、日中合作「単騎、千里を走る。」がオープニングを飾り、クロージングには「力道山」が選ばれたからである。
文化大革命後、中国で初めて上映された日本映画が高倉健主演「君よ憤怒の河を渉れ」(1976年、監督・佐藤純彌)であった。中国全土で大ヒットし、多くの中国人に感銘を与えた。若き日の張芸謀(チヤンイーモウ)監督もその一人であった。一方、高倉はチャン監督の「初恋のきた道」(1999年)を称賛、これに感激したチャン監督が2000年に高倉主演の映画制作を決意し、「単騎、千里を走る。」に結実した。 Continue reading “高倉健の「単騎、千里を走る。」─アジア合作の時代” »