クアラルンプール宣言(2005年12月12日)

クアラルンプール宣言(2005年12月12日/外務省仮訳)

われわれ、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国及び中華人民共和国、日本国並びに大韓民国の国家元首及び行政府の長は、マレーシア・クアラルンプールにおける2005年12月12日の第9回ASEAN+3首脳会議の機会に、

相互連帯と一致した努力を通じた、平和で、安定し、繁栄する東アジア地域環境の必要性を再確認し、

国連憲章の目的と諸原則、東南アジアにおける友好協力条約及びその他の国家間関係を規律する規範の基礎となる普遍的に認識された国際法の諸原則に対する約束を再確認し、

東アジア協力の原則と目的を定める「東アジア協力に関する1999年共同声明」を想起し、

 地域及び国際の平和と安全、繁栄及び進歩の維持に貢献する東アジア共同体を長期的目標として実現していく共通の決意をあらためて表明し、

ASEAN+3プロセスは引き続きこの目的を達成するための主要な手段であり、またそこではASEANが推進力となり、共有されたオーナーシップ意識を促進するためにASEAN+3各国が積極的にこれに参加するものであることを確信し、

地域における共同体形成に向けたASEAN統合及びASEAN共同体並びにASEANの努力に対する「+3」各国の継続的支持の重要性を認識し、

ASEAN+1プロセスがASEAN+3の枠組みにおける協力の全体に対して果たす重要な役割を認識し、

ASEAN+3各国間において一層盛んになる相互作用が、急速に変化しグローバル化する世界によって生じる機会を利用し、かつ、挑戦に対処するための更なる対話と共同の努力の推進を助けるものであることを確信し、

あらゆる分野におけるASEAN+3協力の中でこれまで達成されてきた着実な進展が相互利益とより緊密な連携をもたらし、その結果、東アジアにおける共同体形成に貢献していることを満足をもって確認し、

われわれが2002年11月にカンボジアのプノンペンで承認した東アジア・スタディ・グループ(EASG)の最終報告が提案する短期的措置及び中・長期的措置の実施が進展していることに勇気づけられ、

2005年12月14日にクアラルンプールにおいて第1回東アジア首脳会議が開催されることを歓迎し、

ここに宣言する。

1.われわれは、ASEAN+3協力の下で東アジア共同体の形成を導きかつ政治的勢いを提供するために、ASEAN年次首脳会議と併せて、引き続きASEAN+3首脳会議を毎年開催する。

2.われわれは、現存の協力を強化し、協力と東アジア共同体形成の将来の方向性を示すための、東アジア協力に関する第二の共同声明を、ASEAN+3プロセスの10周年にあたる2007年に作成するための協調的な努力を開始し、外相に対し、調整と必要なフォローアップを行うよう指示する。

3.われわれは、地域の他のフォーラム及びプロセスと補完的な形で、地域枠組み全体の不可分の一部を形成するASEAN+3の枠組みにおける協力の全体に一層貢献するためのASEAN+1プロセスにおける協力を引き続き奨励し、支持する。

4.われわれは、東アジア・スタディ・グループの最終報告書の短期的及び中・長期的措置の実施を加速する。

5.われわれは、ASEAN共同体を実現し、また同時に長期的目標としての東アジア共同体形成に貢献するものとして、引き続き、特に開発格差の縮小の面で、ASEAN統合を支持する。

6.われわれは、「われわれ」意識の形成を目指した人と人の交流を強化する。

7.われわれは、東アジア諸国の学生、学者、研究者、芸術家、メディア及び青少年の間の更なる相互交流を通じた考え方の共有を促進する。

8.われわれは、不寛容と闘い、かつ、文化・文明間の理解を改善するため、知識と理解の深化を通じて東アジア及び世界が裨益するような、知識人、シンクタンクのメンバー、宗教家及び学者の間の恒常的な交流を行う。

9.われわれは、ASEAN事務局のASEAN+3ユニットをはじめとする、ASEAN+3協力の進展にとって決定的に重要な様々なメカニズムを拡充し、強化する。 (以下、署名者部分略)


Kuala Lumpur Declaration on the ASEAN Plus Three Summit
Kuala Lumpur, 12 December 2005

WE, the Heads of State/Government of the Member Countries of the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN), and the People’s Republic of China, Japan, and the Republic of Korea, on the occasion of the 9th ASEAN Plus Three Summit on 12 December 2005 in Kuala Lumpur, Malaysia;

REAFFIRMING the need for a peaceful, stable and prosperous East Asian regional environment through mutual solidarity and concerted efforts;

FURTHER REAFFIRMING our commitment to the purposes and principles of the Charter of the United Nations, the Treaty of Amity and Cooperation in Southeast Asia and other universally recognised principles of international law which will serve as the basis of norms governing state-to-state relations;

RECALLING the 1999 Joint Statement on East Asia Cooperation which sets out the principles and purposes of East Asia cooperation;

REITERATING our common resolve to realise an East Asian community as a long-term goal that would contribute to the maintenance of regional and global peace and security, prosperity and progress;

CONVINCED that the ASEAN Plus Three process will continue to be the main vehicle in achieving that goal, with ASEAN as the driving force and with the active participation of the ASEAN Plus Three countries in order to promote a sense of shared ownership;

RECOGNISING the importance of ASEAN integration and the ASEAN Community towards community building in the region and the continued support of the Plus Three countries for ASEAN’s efforts;

FURTHER RECOGNISING the important role played by the ASEAN Plus One processes to the overall cooperation within the ASEAN Plus Three framework;

CONFIDENT that the growing interactions among the ASEAN Plus Three countries will help promote greater dialogue and collective efforts to both harness opportunities and meet the challenges posed by a fast-changing and globalising world;

ACKNOWLEDGING with satisfaction the steady progress achieved to date in the ASEAN Plus Three cooperation in all areas has brought about mutual benefits and closer linkages, thus contributing to the community building in East Asia;

ENCOURAGED by the progress in the implementation of the short-term, and medium and long-term measures proposed in the East Asia Study Group (EASG) Final Report, which we endorsed in November 2002 in Phnom Penh, Cambodia;

WELCOMING the convening of the First East Asia Summit in Kuala Lumpur on 14 December 2005;

DO HEREBY DECLARE:

1. We will continue to hold the ASEAN Plus Three Summit annually in conjunction with the ASEAN Summit to guide and provide political momentum to East Asian community building under the ASEAN Plus Three cooperation.

2. We will commence collaborative efforts to prepare a second Joint Statement on East Asia Cooperation on the tenth anniversary of the ASEAN Plus Three process in 2007 in order to consolidate existing cooperation and to set forth the future direction for the cooperation and East Asia community building, and task our Ministers to coordinate and undertake the necessary follow-up.

3. We will continue to encourage and support cooperation under the ASEAN Plus One processes to further contribute to the overall cooperation within the ASEAN Plus Three framework, which will form an integral part of the overall regional architecture in a complementary manner with other regional fora and processes.

4. We will speed up the implementation of the short-term, and medium and long-term measures of the EASG Final Report.

5. We will continue to support ASEAN integration, particularly in narrowing the development gap in order to realise the ASEAN Community and at the same time contributing to the building of an East Asian community as the long-term goal.

6. We will enhance people-to-people exchange aimed at developing a “we” feeling.

7. We will encourage the sharing of ideas through greater interaction between students, academicians, researchers, artists, media, and youths among countries in East Asia.

8. We will conduct regular exchange of intellectuals, members of think tanks, religious personalities and scholars, which will benefit East Asia and the world through deeper knowledge and understanding so as to fight intolerance and improve understanding among cultures and civilisations.

9. We will enhance and strengthen the various mechanisms crucial for the development of ASEAN Plus Three cooperation, including the ASEAN Plus Three Unit in the ASEAN Secretariat.

SIGNED at Kuala Lumpur, Malaysia, on the Twelfth Day of December in the Year Two Thousand and Five.


コメントを残す