「東アジア協力に関する第二共同声明」(2007年11月20日)

東アジア協力に関する第二共同声明(外務省仮訳)
-ASEAN+3協力の基盤に立脚して-

Ⅰ.序文

1. われわれ、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国並びに中華人民共和国、日本及び大韓民国の国家元首ないし行政府の長は、2007年11月20日に、シンガポールにおいて、ASEAN+3協力10周年の機会に集まった。

2. われわれは、急速に変化する国際環境及びグローバル化が機会と課題の双方をもたらしたことに留意した。われわれは、活力があり、開かれた、イノベーションに富み、競争力のある東アジアに向けた展望は、利益の一致並びに平和・安定・協力及び繁栄への願望及びコミットメントに後押しされ、明るいとの認識で一致した。

3. これに関連し、われわれは、国連憲章の原則及び目的、東南アジア友好協力条約(TAC)並びに国際法の普遍的に認められた原則に則って、相互の関係を扱うとのコミットメントを強調した。

4. われわれは、過去10年間の成果を振り返り、既存の協力を強化し、ASEAN+3協力の将来の方向性を提示した。ASEAN+3協力は、ASEAN共同体を実現するため引き続きASEAN統合を支持すると同時に、長期目標としての東アジア共同体の形成に貢献するものである。

Ⅱ.成長と拡大の10年を振り返って(1997年~2007年)
1. われわれは、1999年の東アジア協力に関する共同声明、2001年の東アジアビジョン・グループ報告書、2002年の東アジアスタディー・グループ報告書、2005年のASEAN+3首脳会議に関するクアラルンプール宣言及びASEAN+3協力の下で署名され、採択され、留意され、発出されたその他すべての関連文書を想起した。

2. われわれは、過去10年間で20の協力分野に拡大・深化したASEAN+3協力の目覚ましい進展に満足をもって留意した。また、われわれは、分野別の組織、東アジアスタディー・グループ及びASEAN事務局のASEAN+3ユニットがこうした進展に重要な貢献を行ってきていることを認識した。

3. われわれは、ASEAN+3プロセスが1997年~1998年のアジア金融危機を受けて開始されたことを想起した。われわれは、ASEAN+3プロセスがASEAN+3諸国間で相互利益とより密接な連関をもたらしたことに満足した。

Ⅲ.強化とより密接な統合の10年に向けて(2007年~2017年)
A.生起しつつある地域枠組みにおけるASEAN+3協力の目的及び役割の定義づけ

1.われわれは、ASEAN+3プロセスが、ASEANを推進力として、東アジア共同体形成との長期目標に向けた主要な手段であり続けることを再確認した。

2.われわれは、ASEAN+中国、ASEAN+日本及びASEAN+韓国のプロセスが、ASEAN+3の枠組みの中での全体的な協力に対して行ってきた重要な貢献を評価した。われわれは、日中韓三国がASEAN共同体を形成するとのASEANの目標を支持するとの継続したコミットメント及び貢献を認識し、歓迎した。

3.われわれは、東アジア共同体形成を推進する上で、ASEAN+3プロセスとEAS、ARF、APEC及びASEMをはじめとする地域的なフォーラムが相互に強化し合い、補完する役割を果たすことを認識し、支持した。

4. われわれは、東アジア統合は、相互利益のための開かれた、透明で、包含的な、前向きなプロセスであることを改めて強調し、域内の平和、安定、民主主義及び繁栄を達成するために国際的に共有された価値を支持する。東アジア域内及び域外の永続的な平和と繁栄の共有に向けたビジョンに導かれ、われわれは、新たな経済の流れ、進化しつつある戦略的な相互作用、並びに、変化と新たな力学に対応可能な開かれた地域アーキテクチャーの実現に向けてすべての関心国及び機関を引き続き関与させるとの信念に今後も導かれていく。

5.われわれは、2015年までに、安全保障、経済及び社会文化の分野で、開かれた、強力で、活力のあるASEAN共同体を形成し、ASEAN加盟国間の開発格差を是正するとのASEANの目標への支持を再確認した。われわれは、ASEAN憲章の署名を歓迎し、統一された活力あるASEANは、地域の安定と繁栄を確保する上で不可欠であるとの見方を共有した。

B.ASEAN+3協力の合理化と拡大われわれは、将来のASEAN+3協力の範囲は、以下の分野を含み得るものであるが、以下に限定されるものではないことで一致した。

1. 政治及び安全保障に関する協力については、各国が平和裡に域内の他国及び世界全体と正しく、民主的で、調和のとれた環境の中で共存することを確保するため、人材資源の開発、定期的な安全保障対話及び交流の実施、並びに、他の能力向上のための手段を通じて、対話と協力を拡大し、強化する。

2. 経済及び金融に関する協力については、経済自由化、経済統合、透明性及びWTO関連合意と整合性のとれた自由貿易の推進、構造改革の追求、投資の奨励、技術の移転及び改良の促進、知的財産権の保護、研究及び政策立案能力の向上、チェンマイ・イニシアティブの多国間化並びにアジア債券市場イニシアティブの強化を通じた、物品及びサービスの自由な流れ並びに資本及び労働のより容易な移動を伴う東アジアのより一層の繁栄に向けて、経済成長及び持続可能な開発を推進していくことで一致した。

3. エネルギー、環境、気候変動及び持続可能な開発に関する協力については、気候変動、エネルギー安全保障及び環境という相互に関連する諸課題に対し実効的なアプローチをとる必要を再確認した。エネルギー安全保障に関しては、エネルギー効率の向上、エネルギー供給の多様化及び新・代替エネルギーの開発に重点を置く。持続可能な開発に関する協力については、気候変動の緩和、適応並びに環境保護と持続的な経済成長及び社会開発との両立に重点を置く。長期的に、気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させるとの共通の目標へのコミットメントを再確認し、衡平、柔軟性、実効性並びに共通に有しているが差異のある責任及び各国の能力によるとの原則に則り、実効的、包括的及び衡平な2013年以降の国際的な気候変動取り決めの策定プロセスに積極的に参加することで一致した。

4. 社会文化・開発に関する協力については、貧困撲滅、東アジアにおけるミレニアム開発目標の達成、ビエンチャン行動計画及びASEAN統合イニシアティブを通じた開発格差の是正、文化協力の拡大、教育協力、相互理解の深化及び東アジアのアイデンティティと意識の形成、人的交流、ジェンダー・児童・感染症の予防・自然災害リスクの軽減といった社会的な課題への取り組み、並びに、社会問題への取り組みにおける市民参加及び国家・市民社会間のパートナーシップの推進に向けたNGOとの政策協議及び調整の促進に一層努めていくことで一致した。

5. 制度的支援及びより幅広い協力枠組みとの関係については、ASEAN+3協力の利点を最大限に活用するため、協力を一層拡大し、各協力分野への資源配分を再調整することで一致した。この目的のため、ASEAN+3協力基金を創設するほか、ASEAN事務局内のASEAN+3ユニットを強化するとともに、合理化と相乗効果の追求を通じて協力事業を拡大していくことで一致した。また、地域及び地球規模の枠組の下で行われている協力と連携して、東アジア地域協力を一層推進していくことで一致した。

Ⅳ.結語
この共同声明の目的は、付属の作業計画に示されている具体的な優先的活動と主要事業の実施を通じて実現される。各分野での関係組織は、作業計画を実施し、各自の事業と行動計画にこれを取り入れる。作業計画の実施状況は、ASEAN+3各国の局長級で随時確認され、年次のASEAN+3閣僚級会合及びASEAN+3首脳会議に報告される。作業計画については、中間見直しを行い、この共同声明の目的をより効率的かつ実効的に達成していくためには、改訂を行うこともあり得る。

シンガポールにおいて、2007年11月20日に採択した。


Second Joint Statement on East Asia Cooperation
Building on the Foundations of ASEAN Plus Three Cooperation

Singapore, 20 November 2007

I. Introduction

1. We, the Heads of State/Government of the Member Countries of the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) and the People’s Republic of China, Japan and the Republic of Korea, gathered on 20 November 2007 in Singapore on the occasion of the 10th Anniversary of the ASEAN Plus Three cooperation.

2. We noted that the rapidly changing international environment and globalisation brought forth both opportunities and challenges. We agreed that driven by converging interests, aspirations and commitment to peace, stability, cooperation and prosperity, the prospects for a resilient, open, innovative and competitive East Asia are bright.

3. In this context, we underscored our commitment to handling our mutual relations in accordance with the principles and purposes of the UN Charter, the Treaty of Amity and Cooperation (TAC) in Southeast Asia and the universally recognised principles of international laws.

4. We reviewed our achievements of the past ten years, consolidated existing cooperation and set forth the future direction for ASEAN Plus Three cooperation, which will continue to support ASEAN integration in order to realise the ASEAN Community, and at the same time, contributing to the building of an East Asian community as a long-term goal.

II. Looking Back at a Decade of Growth and Expansion (1997-2007)

1. We recalled the 1999 Joint Statement on East Asia Cooperation, the 2001 Report of the East Asia Vision Group, the 2002 Report of the East Asia Study Group, the 2005 Kuala Lumpur Declaration on the ASEAN Plus Three Summit, and all other relevant documents that have been signed, adopted, noted and issued by the ASEAN Plus Three cooperation.

2. We noted with satisfaction the significant progress in the ASEAN Plus Three cooperation, which have broadened and deepened into twenty areas of cooperation in the last ten years. We also recognised the important contribution of sectoral bodies, the East Asia Study Group and the ASEAN Plus Three Unit of the ASEAN Secretariat towards achieving this progress.

3. We recalled that the ASEAN Plus Three process began in the wake of the Asian financial crises of 1997-1998. We were gratified that the ASEAN Plus Three process had brought about mutual benefits and closer linkages among the ASEAN Plus Three countries.

III. Looking Forward to a Decade of Consolidation and Closer Integration (2007-2017)

A. Defining the Objectives and Roles of the ASEAN Plus Three Cooperation in the Emerging Regional Architecture

1. We reaffirmed that the ASEAN Plus Three Process would remain as the main vehicle towards the long-term goal of building an East Asian community, with ASEAN as the driving force.

2. We appreciated the significant contributions made by the ASEAN-China, ASEAN-Japan and ASEAN-ROK processes to the overall cooperation within the ASEAN Plus Three framework. We recognised and welcomed the continued commitment and contributions of the Plus Three countries in supporting ASEAN’s goals of building an ASEAN Community.

3. We recognised and supported the mutually reinforcing and complementary roles of the ASEAN Plus Three process and such regional fora as EAS, ARF, APEC and ASEM to promote East Asian community building.

4. We reiterated that East Asian integration is an open, transparent, inclusive, and forward-looking process for mutual benefits and support internationally shared values to achieve peace, stability, democracy and prosperity in the region. Guided by the vision for durable peace and shared prosperity in East Asia and beyond, we will stand guided by new economic flows, evolving strategic interactions and the belief to continue to engage all interested countries and organisations towards the realisation of an open regional architecture capable of adapting to changes and new dynamism.

5. We reaffirmed our support to ASEAN’s goals of building an open, dynamic and resilient ASEAN Community by 2015, in the security, economic and socio-cultural pillars, and narrowing the development gap within the ASEAN Member Countries. We welcomed the signing of the ASEAN Charter and shared the view that a united and resilient ASEAN is essential to ensuring regional stability and prosperity.

B. Rationalising and Enhancing ASEAN Plus Three Cooperation

We agreed that the future scope of ASEAN Plus Three cooperation would include, but not be limited to, the following areas:

1. That in Political and Security Cooperation, we will expand and strengthen dialogue and cooperation through the development of human resources, conduct of regular security dialogue and exchanges and other capacity-building measures to ensure that our countries live at peace with one another and with the world at large in a just, democratic and harmonious environment.

2. That in Economic and Financial Cooperation, we agreed to push ahead to promote economic growth and sustainable development towards a more prosperous East Asia with a free flow of goods and services and easier movement of capital and labour by promoting economic liberalisation, economic integration, transparency and free trade consistent with WTO agreements, pursuing structural reforms, encouraging investment, promoting transfer and upgrading of technology, protecting intellectual property rights, improving research and policy-making capacity, multilateralising the Chiang Mai Initiative and strengthening the Asian Bond Markets Initiative.

3. That in Energy, Environment, Climate Change and Sustainable Development Cooperation, we reaffirmed the need to take an effective approach to the interrelated issues of climate change, energy security and the environment. On energy security, we will put particular emphasis on improving energy efficiency, diversification of energy supply and development of new and renewable sources of energy. On sustainable development cooperation, we will put particular emphasis on mitigation of and adaptation to climate change, as well as compatibility between environmental protection, and sustained economic growth and social development. We reaffirmed our commitment to the common goal of stabilising atmospheric greenhouse gas concentrations in the long run, at a level that would prevent dangerous anthropogenic interference with the climate system, and agreed to participate actively in the process of developing an effective, comprehensive, and equitable post-2012 international climate change arrangement, in line with the principles of equity, flexibility, effectiveness, and common but differentiated responsibilities and respective capabilities.

4. That in Socio-cultural and Development Cooperation, we agreed to work towards increasing efforts in eradicating poverty and achieving the Millennium Development Goals in East Asia, narrowing the development gap through supporting the Vientiane Action Programme and Initiative for ASEAN Integration, supporting sub-regional development initiatives, enhancing cultural cooperation, education collaboration, deepening mutual understanding and forging a sense of an East Asian identity and consciousness, people-to-people exchanges, addressing social issues such as gender, children, prevention of infectious diseases and natural disaster risk reduction, and encouraging policy consultation and coordination with NGOs to foster civic participation and state-civil society partnerships in addressing social problems.

5. That in Institutional Support and Relations with Wider Cooperative Frameworks, we agreed to further expand our cooperation and refocus our resources on the cooperative sectors in order to fully utilise the advantage deriving from the ASEAN Plus Three cooperation. To this end, we will establish an ASEAN Plus Three Cooperation Fund, and agreed to strengthen the ASEAN Plus Three Unit of the ASEAN Secretariat and enhance cooperation projects through rationalisation and pursuing synergy. We further agreed to promote East Asian regional cooperation in collaboration with those conducted under regional and global frameworks.

IV. Closing

The purpose of this Joint Statement will be realised through the implementation of concrete priority activities and flagship projects as indicated in the attached Work Plan. Relevant sectoral bodies shall implement the Work Plan and incorporate it in their respective programs and plans of action. Progress in the implementation of the Work Plan will be monitored by the ASEAN Plus Three Directors-General and reported to the annual ASEAN Plus Three Ministerial Meeting and ASEAN Plus Three Summit. The Work Plan will be subject to a mid-term review and may be revised for purposes of more efficiently and effectively accomplishing the purposes of this Joint Statement.

Adopted this 20th day of November 2007 in Singapore.


コメントを残す