「ラーマン」カテゴリーアーカイブ

マハティール十番勝負 (1)ラーマンとの勝負

「連載 マハティール十番勝負 (1)ラーマンとの勝負」
『日馬プレス』265号、2004年1月1日

マハティール前首相は、壮大なビジョンを描き、それを果敢に実践してきた。その壮大さゆえに、様々な抵抗にも直面した。そうしたとき、彼はそのポリシーを貫くために対決も辞さなかった。たとえ相手がどんなに強大だろうと、自分の信念にしたがって行動してきた。
本連載では、マハティール前首相の歴史に残る十の名勝負を振り返る。ただし、それらはどれも単なる喧嘩などではない。どの勝負も、イギリス支配の秩序、マレー人の復権、ルック・イースト政策、アメリカ型民主主義、アジアの連帯、時代に適応できるイスラーム、弱肉強食の自由経済思想、超大国の力の政策、平和維持の方法等、いずれもポリシーとそれを支える哲学を巡る対立だったのである。
最初の勝負の相手は、マレーシア初代首相トゥンク・アブドゥル・ラーマンである。 Continue reading “マハティール十番勝負 (1)ラーマンとの勝負” »