「アンワール」カテゴリーアーカイブ

「アンワールとウォルフォウィッツの知られざる関係 明日のアジア望見 第76回」『月刊マレーシア』500号、2008年11月15日

 マハティール前首相は、新自由主義との戦いの一線に立ってきた。その戦いのピークは、一九九七年のアジア通貨危機に際して起こった国際通貨基金(IMF)とマレーシアとの論争であった。
 マハティールは、IMFが誘導する新自由主義的経済政策の導入を拒否した。その理由の一つは、個人の自由に力点を置く弱肉強食の経済政策がアジア社会になじまないと考えたからである。しかも、マレーシアは中国系住民と比較して経済的に弱いマレー系住民を優遇する「ブミプトラ政策」を継続している。新自由主義の導入は、この社会的安定の根幹である政策の放棄を余儀なくされる可能性があったのである。
 このとき、IMFの要求に前向きに対処していたのが、アンワール・イブラヒム副首相(当時)であった。結局、彼は一九九八年に同性愛容疑で逮捕され、二〇〇二年に、捜査を妨害したとして職権濫用に問われた裁判で有罪が確定した。同性愛裁判については二〇〇四年に連邦裁が無罪判決を言い渡していた。 Continue reading “「アンワールとウォルフォウィッツの知られざる関係 明日のアジア望見 第76回」『月刊マレーシア』500号、2008年11月15日” »