『維新と興亜に駆けた日本人』の書評(2011年11月7日)─「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」

国学の源流は契沖、本居宣長、平田篤胤、それが江戸には山鹿素行、山崎闇斎、大塩平八郎、そして、その正気の爆発は、西郷隆盛、乃木将軍、特攻隊、三島由紀夫へと繋がる。
思想の一連の系譜は連綿としている。
本書は幕末から明治維新を経て、昭和維新へといたる過程で思想運動と絡み合いながら祖国のために挺身した志士群像の物語である。 Continue reading “『維新と興亜に駆けた日本人』の書評(2011年11月7日)─「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」” »

元型的心理学(Archetypal Psychology)関連書籍


著者 書籍写真 書名 出版社 出版年 備考
老松克博 元型的イメージとの対話 トランスビュー 2011年11月
佐藤正衞 いま、なぜユングか―「元型」論と現代 雲母書房 2005年12月
老松克博 元型的イメージとの対話 ユング派のイメージ療法 アクティヴ・イマジネーションの理論と実践 3 トランスビュー 2004年
ジェイムズ ヒルマン (著), James Hillman (原著), 鏡 リュウジ (翻訳) 老いることでわかる性格の力 河出書房新社 2000年   Continue reading “元型的心理学(Archetypal Psychology)関連書籍” »

EAECとアジア的価値観

金子芳樹教授の指摘

マハティール前首相が1990年に提唱した東アジア経済グループ(EAEG、後にEAEC)構想は、当面の狙いとしては、東アジア各国の関係を緊密にし、先進国との通商交渉を有利に進めることを挙げていたが、単に通商問題の次元に止まるものではなく、アジア的価値観の復興と連動しており、文明史的な側面を濃厚に持つものだったのではなかろうか。独協大学の金子芳樹教授は、マハティール前首相のアジア的価値観論について論じた上で、次のように指摘している。  Continue reading “EAECとアジア的価値観” »

マハティール首相「THE OFFICIAL OPENING OF POLMET 2000」

2000年3月20日
於:THE SHANGRI-LA HOTEL, KUALA LUMPUR
I wish to thank the organisers for inviting me to declare open this conference. It is indeed a great honour that the first POLMET conference to be held in the new millennium is taking place in Kuala Lumpur. It is also very timely.

2. Urbanisation is taking place at a very rapid rate in Asia, as its city and town populations continue to grow. The region already has the largest population in the world, and about 700 million people now living in cities and towns. By year 2015, it is estimated that the region will have more than one billion people living in cities. There will be nine megacities with populations of more than 10 million and 17 very large cities with populations of more than five million. Economically and environmentally sustainable urban development in Asia is therefore a pressing need to ensure a safe, healthy, convenient and pleasant environment for its growing urban population.  Continue reading “マハティール首相「THE OFFICIAL OPENING OF POLMET 2000」” »

江宜樺のアジア的価値観論

ジャン・ブロンデル、猪口孝著『アジアとヨーロッパの政治文化』は、国立台湾大学政治学系教授で、現在内政部部長を務める江宜樺(Jiang Yi-huah)氏のアジア的価値観論を紹介している。
 江宜樺氏は『Asian values and communitarian democracy』において、「アジアのリーダーの理論的な政治形態は共同体主義である。なぜなら、彼らは儒教的な伝統─彼らによると、人々の間で広く共有されている─について言及することが多いからである。そして、儒教は共同体主義である」と述べている。  Continue reading “江宜樺のアジア的価値観論” »

古武道関連文献


書籍

著者 書籍写真 書名 出版社 出版年 備考
甲野善紀監修 図説・古武道史 新装版 青蛙房 2013年7月 青蛙選書
鈴木覚 琉球古武道 ヌンチャク・トンファー 愛隆堂 2012年1月
綿谷雪 新装版 写真と図解 実践! 今すぐできる 古武術で蘇るカラダ 宝島社 2009年8月 宝島SUGOI文庫
荻野アンナ、甲野善紀 古武術で毎日がラクラク!―疲れない、ケガしない「体の使い方」 祥伝社 2006年10月
桜井文夫 アンチエイジング呼吸法 誰でもできる古武術活用で甦る身体力 司書房 2006年7月   Continue reading “古武道関連文献” »

辻政信関連文献


書籍

 

著者 書籍写真 書名 出版社 出版年 備考
渡辺望 蒋介石の密使 辻政信 祥伝社 2013/11/2 祥伝社新書
辻 政信 十五対一―運命の戦場 毎日ワンズ 2012/06
辻 政信 私の選挙戦 毎日ワンズ 2010/07
辻 政信 潜行三千里 増補版 毎日ワンズ 2010/01
辻 政信 シンガポール攻略 毎日ワンズ 2009/08
辻 政信 ノモンハン秘史 毎日ワンズ 2009/06
橋本哲男 辻政信と七人の僧―奇才参謀と部下たちの潜行三千里 新装版 光人社 2009/05 光人社NF文庫
辻 政信 ガダルカナル 毎日ワンズ 2008/11
生出 寿 悪魔的作戦参謀辻政信―稀代の風雲児の罪と罰 新装版 光人社 2007/03 光人社NF文庫
津本 陽 八月の砲声―ノモンハンと辻政信 講談社 2005/08
生出寿 作戦参謀辻政信 : ある辣腕参謀の罪と罰 新装版 光人社 2003
高山信武 二人の参謀―服部卓四郎と辻政信 芙蓉書房出版 1999年
橋本哲男 辻政信と七人の僧 : 奇才参謀と部下たちの潜行三千里 光人社 1994年 光人社NF文庫 Continue reading “辻政信関連文献” »