水戸天狗党関連文献


関連書籍類

著者 書名 出版社 出版年 備考
野澤汎著、佐久間好雄監修 後裔が見た水戸藩騒動の事実 ぷらざ茨城 2004  
  筑波と天狗党 つくば市教育委員会社会教育課 2003 (筑波町史史料集筑波町史編纂委員会編 第2篇)
村山岩夫 夜明け前 : 主役になれなかった群像 : 天誅組と長州・水戸天狗党 近代文芸社 2003  
群馬県立歴史博物館編集 幕末の上州 : 水戸天狗党と下仁田戦争 : 第73回企画展 群馬県立歴史博物館 2002  
室伏勇 天狗党追録 : 写真紀行 : 西上の軌跡をたどる 暁印書館 2001  
鈴木茂乃夫 天狗黨の跡を行く 増補版 暁印書館 2000  
鈴木俊平 天狗彷徨 : 徳川慶喜と水戸天狗党 文芸春秋 1997  
岩村町教育委員会史料編纂室編著 岩村藩御領分村々高付覚 : 天誅組・天狗党之乱 : 宗門公事書留 : 他 岩村町歴史資料館 1995 (岩村町史岩村町歴史資料館編 史料 近世)
高橋達央作画、茨城新聞社出版局編 天狗党の乱 茨城新聞社 1995 (マンガで学ぶ茨城の歴史 4)常陸太田市史編さん委員会編 ; 第12号)
祖田浩一責任編集 茨城 ぎょうせい 1995 (ふるさと文学館 第9巻)
川瀬教文 波山始末 常野文献社 1995  
山口武秀 水戸天狗党物語 : 筑波山挙兵から長征まで 筑波書林 1994  
杉田幸三 天狗党血風録 毎日新聞社 1993  
光武敏郎 天狗党が往く 秋田書店 1992  
青木健一著、林武朗編 水戸の悲劇 : 天狗党の軌跡 「水戸の悲劇」刊行会事務局 1992  
司馬遼太郎他著 維新の群像 新潮社 1991 (時代小説の楽しみ 9)  
山田風太郎 魔群の通過 : 天狗党叙事詩 文芸春秋 1990 (文春文庫)
見川舜水 群狼賦 : 水戸天狗党悲歌 筑波書林 1989  
  水府記行・真菅老人日記 筑波書林 1988 (ふるさと文庫)
鈴木三郎 天狗党異聞 : 田中隊の八溝路とその終焉 筑波書林 1988 (ふるさと文庫)
常陸郷土資料館編 筑波義軍旗挙 下 筑波書林 1987 (ふるさと文庫)
常陸郷土資料館編 筑波義軍旗挙 上 筑波書林 1987 (ふるさと文庫) 
関山豊正 那珂湊大戦の終末 [関山豊正] 1984 (元治元年 下の2)
佐野俊正編 天狗党に加担した名主日記 2 筑波書林 1984 (ふるさと文庫)
佐野俊正編 天狗党に加担した名主日記 1 筑波書林 1984 (ふるさと文庫)
織田鉄三郎 天狗党鹿島落ち 筑波書林 1984 (ふるさと文庫)
大塚政義 水戸天狗党と下仁田戦争百五十話 上毛新聞社 1984  
鈴木茂乃夫 天狗党の跡をゆく 暁印書館 1983  
稲葉誠太郎編著 水戸天狗党栃木町焼打事件 : 稲葉重左衛門日記 ふろんてぃあ 1983  
石川猶興 天狗党と民権 : 利根河畔の先行者たち 三一書房 1982  
江川文展 激派と民衆 : 大橋の天狗党始末 筑波書林 1981 (ふるさと文庫)
五味康祐 柳生天狗党 : 長編時代小説 下 祥伝社 1981 (ノン・ノベル)
五味康祐 柳生天狗党 : 長編時代小説 上 祥伝社 1981 (ノン・ノベル)
筑波町史編纂委員会編 筑波と天狗党 筑波町史編纂委員会 1979 (筑波町史史料集筑波町史編纂委員会編 第2篇)
  天狗党関係殉難死節履歴 常陸太田市 1979 (常陸太田市史編さん史料常陸太田市史編さん委員会編 第12号)
田中真理子、松本直子著 水戸天狗党 講談社 1977  
上村健二 天狗党始末記 : 変革への挑戦 善本社 1977  
  波山分離隊の最期 桜井印刷所(印刷) 1975 (元治元年 下の1)
金沢春友 大仏次郎先生 : 附:水戸天狗党 金沢卓寿 1975  
横瀬夜雨編 天狗騒ぎ 崙書房 1974 (横瀬夜雨複刻全集 歴史編)
金沢春友 水戸天狗党と久慈川舟運 柏書房 1974  
川瀬教文著、史談会編纂 波山始末 崙書房 1973  
杉田幸三 梅と雪 : 水戸の天狗党 永田書房 1973  
佐股致◆著、註解:佐股忠正 元治元年の苦難 : 或高崎藩士の筆録 : 浪人一揆ニ付諸御達向控 佐股忠正 1970  
  筑波挙兵と禁門戦争 桜井印刷所(印刷) 1968 (元治元年 上)
高知聡 水戸天狗党 : 維新風雲録 関東ゲリラ隊始末記 大和書房 1968 (ペンギン・ブックス 47)
山口武秀 水戸天狗党物語 三一書房 1967 (三一新書 569)
織田鉄三郎編 天狗党殉難者名簿 織田鉄三郎 1964  
金沢春友著 水戸天狗党遺聞 光風社 1963  
織田鉄三郎著 鹿島落 : 天狗党悲歌 織田鉄三郎 1958  
金沢春友 水戸天狗黨遺聞 富貴書房 1955  
金澤春友 奥州に埋もるる天狗黨員の墓 私製 1937  
加越能史談會 葉原日記 [加越能史談會] 1932  
横瀬夜雨編 天狗騒ぎ 改造社 1928  
寺田閏三 甲子筑波遣中日記 : 寺田五右衛門遺稿   1912  
小山朝弘 常野戦争誌略 小山朝弘 1888  

雑誌論文・記事

著者 タイトル 雑誌名 巻・号 発行日
高澤 秀次 遥かなる歴史への帰還・第四部 幕末・維新の精神史(8)水戸天狗党の長征 発言者 129 2005.01
高澤 秀次 遥かなる歴史への帰還・第四部 幕末・維新の精神史(7)相良総三と赤報隊(下) 発言者 128 2004.12
高澤 秀次 遥かなる歴史への帰還・第四部 幕末・維新の精神史(6)相良総三と赤報隊(上) 発言者 127 2004.11
野口 武彦 赤報隊哀歌 文學界 57(9) 2003.09
四方田 犬彦 天狗党の余白に (特集 黒田硫黄) — (黒田硫黄について私が知っている二、三の事柄) ユリイカ 35(11) (通号 481) 2003.08
沼口 勝之 相良総三を支えた女性たち (特集 勤皇佐幕–幕末維新–志士をめぐる女たち) — (秘話 志士を支えた女性物語–その他の志士編) 歴史読本 47(6) (通号 751) 2002.06
岩瀬 秀敏 特別研究 水戸天狗党”野・上州勢”秘録 歴史研究 43(11) (通号 486) 2001.11
跡部 眞 水戸天狗党の首領 武田耕雲斎 歴史研究 43(4) (通号 479) 2001.04
八木 美雄 土地を歩く(16)敦賀、水戸天狗党のこと 水道公論 36(4) (通号 420) 2000.04
大島 信三 「編集室で」特別版–長い編集後記 “敗軍の将”梶山静六氏が見せた水戸天狗党の意地 正論 (通号 313) 1998.09
さいとう はるき 関八州 おもしろ瓦版絵本(20)天狗党筑波山に挙兵 歴史読本 43(8) 1998.08
光武 敏郎 天狗党事件の真相–徳川慶喜の裏切り (シリーズ事件推理(5)徳川御三家–尾張・紀伊・水戸家将軍家との闘争史) — (御三家謎の未解決事件) 歴史読本 43(4) 1998.04
斎藤 善之 天狗党争乱下の民衆闘争と世直し 史観 通号 121 1989.09
本多 秋五 水戸の天狗党(鬼石谷戸から-11-) 展望 (通号 119) 1968.11

 

コメントを残す