小野耕資氏『義憤の人 陸羯南』出版記念講演

『国際社会は愛国心の競争である―明治時代の先人に学ぶ日本の使命』

「国際社会は愛国心の競争である」―。そう説いたのは明治時代の新聞記者にして日本の保守言論人の元祖ともいうべき陸羯南(くがかつなん、写真)です。羯南は愛国心を高らかに謳い、政府以上に愛国的な立場から、外国に甘い藩閥政府を厳しく批判しました。しかしこうした羯南の事績は、現代日本社会ではほとんど伝えられていません。羯南は何を論じ、何を批判し、どんな生き様の人物だったのでしょうか。
そして、歴史は単に紙上に求めるだけではいけません。羯南が説いた愛国の道を現代日本社会に応用すればどうなるか。新型コロナウイルスの蔓延、日米同盟、TPP、新自由主義的政策などに対し、私見を論じます。また、明治時代の人々は現代よりもはるかに国の運命に真剣でした。羯南や同時代のエピソードは、「カネだけ今だけ自分だけ」の現代人に強い示唆を与えてくれるでしょう。

【講 師】小野 耕資(おの こうすけ)氏 大アジア研究会代表
昭和六十年神奈川県生まれ。平成二十二年青山学院大学文学研究科史学専攻博士前期課程修了。会社員の傍ら、『月刊日本』、『国体文化』等に寄稿。 大アジア研究会代表、崎門学研究会副代表。月刊日本客員編集委員。里見日本文化学研究所研究員。
著書『資本主義の超克-思想史から見る日本の理想-』(展転社)。
新刊『義憤の人 陸羯南』(仮題)(K&Kプレス)今年5月発売予定

【日 時】令和弐年5月24日(日)14時30分~16時30分(開場:14時10分)
【会 場】文京区民センター3階 3-C会議室(文京シビックセンター向かい側)文京区本郷4-15-14 03-3814-6731
【参加費】事前申込:1500円、当日申込:2000円、事前申込の学生:500円、高校生以下無料
【懇親会】17時~19時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円
【申込先】5月23日21時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)(懇親会は5月22日21時迄)
FAX 0866-92-3551 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp (千田宛て)
【主催】千田会 https://www.facebook.com/masahiro.senda.50

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください