内藤正中『自由民権運動の研究―国会開設運動を中心として』①

土佐中心史観による自由民権運動を、より中立的に分析するために、内藤正中『自由民権運動の研究―国会開設運動を中心として』(昭和39年、青木書店)を入手した。
自由民権を考えるときに、福岡の向陽社なども十分視野に置かなければならないからである。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください