源敬公廟

平成30年9月22日、愛知県瀬戸市にある定光寺を訪問。
臨済宗妙心寺派のお寺で、尾張藩初代藩主徳川義直(敬公)の廟所「源敬公廟」がある。敬公は生前、このあたりに鷹狩に訪れ、死後は定光寺に墓を作るように命じていた。
正面に竜の門があり、その左右に築地塀が伸びている。内側に焼香殿と宝蔵、その先に唐門がある。敬公の墓標はその奥に立っており、その脇には9名の殉死者の石標が立っている。
廟を設計したのは、明人の陳元贇(ちんげんぴん)。建物の構成は、儒教に基づく祠堂に倣ったものである。

源敬公廟

定光寺までの参道
定光寺までの参道

敬公の殉死者の墓

敬公の殉死者の墓
敬公の殉死者の墓

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください