大楽源太郎宛の梅田雲浜漢詩

長州藩脱隊騒動の首謀者と目された大楽源太郎は幕末期に、梅田雲浜と交流していた。
内田伸氏が『大楽源太郎』で紹介しているように、雲浜が大楽に宛てて読んだ漢詩が残されている。

一つは、「送大楽源太郎」
終宵独不眼 挙手指青天 一去千山外 此心月満船

もう一つは、「與大楽源太郎飲別」である。
竹窓相対酌離杯 勁節見君傷老懐
世上少年如子少 秋風秋雨帯愁来

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください