大楽源太郎の私塾「西山書屋」規則、授業内容

大楽源太郎は慶応二年に私塾「西山書屋」(敬神堂)を開設した。塾規則、授業の日割は以下の通り。

●西山塾規則
一、第一君公の御主意を相守り、寮中親睦致し、練武学文懈怠なく勉強肝要之事
一、喧嘩口論高声堅く禁止之事付而俗曲同断之事
一、猥に外出堅く禁止の事但し難容用事之れ有候節は頭役座元へ相届外出致すべく侯
一、朔日十の日休日の事
一、朝六ツ時より五ツ時まで撃剣稽古の事
一、六ツ時より七ツ時まで読書稽古の事
一、暮六ツ時より四ツ時まで同断の事
一、二四六九日銃陣稽古のこと、但し四九日は九ツ時より七ツ時迄の事 其の余は諸稽古勝手次第の事
正月    敬神堂
右の条々堅相守侯事

●授業の日割
朔 日 休業
ニノ日 会読(論語、弘道館記述義)
三ノ日 同(外史)
四ノ日 同(靖献遺言、新論)
五ノ日 同(論語、弘道館記述義)
六ノ日 同(弘道館記述義)
七ノ日 同(外史)
八ノ日 同(靖献遺言)
九ノ日 同(弘道館記述義、新論)
十ノ日 休業
十一日/二十一日 詩文国詩随意

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください