シャーマニズム関連文献


雑誌

タイトル 著者 雑誌名 発行日
Sarangowa 「内モンゴル・ホルチン地方の霊魂観と悪霊について」 『比較民俗研究』 2011.6.
尹 光鳳 「演戯詩に見た韓国の演戯」 『比較民俗研究』 2011.6.
「特集 シャーマニズム研究の新視角」 『比較民俗研究』 2011.6.
「アジアのシャーマニズム」 『アジア遊学』 2011.5.
野澤 暁子 「音の呼ぶもの、声の呼ぶもの–インドネシア・バリ島の神がかり」 『アジア遊学』 2011.5.
今村 薫 「カラハリ砂漠・狩猟採集民サンのヒーリング・ダンス」 『アジア遊学』 2011.5.
浮葉 正親 「韓国の巫俗(シャーマニズム)–日本人研究者の視点から」 『アジア遊学』 2011.5.
嶋田 義仁 「シャーマニズム再考–国際比較のなかから」 『アジア遊学』 2011.5.
嶋田 義仁 「シャーマニズムの諸相」 『アジア遊学』 2011.5.
嶋田 義仁 「序言」 『アジア遊学』 2011.5.
中村 亮 「スワヒリ海村社会のジニ信仰–キルワ島の場合」 『アジア遊学』 2011.5.
Pascal Bacuez. 嶋田 義仁 訳 「スワヒリ社会のジン–雑種性と二つの間」 『アジア遊学』 2011.5.
塩月 亮子 「聖地の世界遺産化と沖縄シャーマニズム–民族知活用の観点から」 『アジア遊学』 2011.5.
「中南部アフリカのシャーマニズム」 『アジア遊学』 2011.5.
楊 紅 「満州族シャマンのライフ・ヒストリーにみるシャマンの特徴」 『アジア遊学』 2011.5.
ブリンチンゲリ 「モンゴル人の天の世界観とブゥー(シャマニズム)」 『アジア遊学』 2011.5.
門脇 健 「ヨーロッパのシャーマニズム 死者の声を聴くヘーゲル」 『アジア遊学』 2011.5.
松平 勇二 「ンビラ(mbira)演奏とバントゥー農耕民ショナ族の祖霊信仰」 『アジア遊学』 2011.5.
田中 純 「イメージの記憶(23)魔術的洞窟–キースラーのシャーマニズム」 『UP』 2011.3.
今村 薫 「アフリカ狩猟採集民のシャーマニズム」 『名古屋学院大学論集 社会科学篇』 2011
高見 寛孝 「シャーマニズムの視座から見た来訪神信仰」 『二松学舎大学東アジア学術総合研究所集刊』 2011
福島 邦夫 「巨樹伝承、宇宙樹、シャーマニズム、神楽」 『長崎大学総合環境研究』 2010.6.
Andassova Maral 「古事記におけるオホクニヌシとシャーマニズム–「天の御饗」の考察を通して」 『佛教大学大学院紀要 文学研究科篇』 2010.3.
伊藤 悟 「徳宏タイ族のシャマニズム–ムンコァンとムンヤーンにおけるシャマンの比較研究」 『総研大文化科学研究』 2010.3.
菊谷 見裕希 「中上健次『重力の都』論–シャーマニズムで読み解く」 『清泉語文』 2010.3.
村上 晶 「日本におけるシャーマニズム研究の展開–ユタ研究における成巫過程への着目とその背景」 『宗教学・比較思想学論集』 2010.3.
佐々木 宏幹 「書評と紹介 楠正弘著『仏教信仰と民俗信仰–シャマニズム論をめぐって』」 『宗教研究』 2010.12.
金 男洙 「インタビュー 21世紀のネオシャーマニズム・現代舞踊家アン・ウンミに聞く」 『Koreana : 韓国の芸術と文化』 2010.春.
金 律里 「書評 櫻井義秀著『死者の結婚–先祖崇拝とシャーマニズム』」 『東京大学宗教学年報』 2010
趙 芙蓉 「地域でシャマンとして生きるとは–中国内モンゴルのシャマニズムの再活性化より」 『生活學論叢』 2010
鎌田 東二 「『英霊の聲』と霊学シャーマニズム」 『三島由紀夫研究』 2009.8.
佐藤 憲昭 「櫻井徳太郎博士のシャーマニズム研究について」 『駒沢大学文化』 2009.3.
Naranbirige 「モンゴル族における牧畜儀礼の一環としてのオボー祭祀–オボー及びその祭祀とシャーマニズムとの関連性から」 『比較民俗研究』 2009.3.
Andassova Maral 「古事記の世界観とシャーマニズム–交渉手段の考察を通して」 『佛教大学大学院紀要』 2009.03.
竹下 正哲. カナル キソル・チャンドラ 「生物進化から見るシャーマニズム」 『アリーナ』 2009
清水 義和 「ミルチャ・エリアーデの『シャーマニズム』と寺山修司の『中国の不思議な役人』に於けるシャーマン」 『愛知学院大学教養部紀要』 2009
佐藤 久光 「チベット社会のシャマニズム(下)踊るシャーマン」 『大法輪』 2008.9.
佐藤 久光 「チベット社会のシャマニズム(中)三つ目に化身したシャーマン」 『大法輪』 2008.8.
佐藤 久光 「チベット社会のシャマニズム(上)病気治しで人気のシャーマン」 『大法輪』 2008.7.
赤嶺 政信 「沖縄の祭祀とシャーマニズムについての覚書–宮古の事例を中心に」 『国立歴史民俗博物館研究報告』 2008.3.
池上 良正 「公開講演会 民衆世界の宗教者たち–シャーマニズムの現在」 『民俗学研究所紀要.』 2008.3.
Sarangowa 「書評 オ・プルブ著『モンゴルのシャマニズム』(モンゴル語)、民族出版社(北京)434ページ、2006年」 『千葉大学人文社会科学研究』 2008.3.
Sarangowa 「書評 オ・プルブ著『モンゴルのシャマニズム』(モンゴル語)、民族出版社(北京)434ページ、2006年」 『千葉大学人文社会科学研究』 2008.3.
Sarangowa 「内モンゴル・ホルチン地方におけるシャマニズムのロス信仰に関する考察」 『千葉大学ユーラシア言語文化論集』 2008.03.
新里 喜宣 「民間巫者の思想・言説から見る現代沖縄の先祖観の諸相–先祖イメージの変容と都市シャーマニズム研究への布石」 『東京大学宗教学年報』 2008
依田 千百子 「韓国 韓国のシャーマニズム–死霊祭と霊魂観を中心として」 『アジア遊学』 2007.7.
手塚 惠子 「中国 中国のシャーマニズム」 『アジア遊学』 2007.7.
Sarangowa 「内モンゴルホルチン地方におけるシャマニズムの事例研究–成巫過程の事例」 『千葉大学人文社会科学研究』 2007.3.
山 愛美 「書評 心理療法とシャーマニズム 井上亮著」 『心理臨床学研究.』 2007.2.
塩月 亮子 「シャーマニズムと近代–意識変容に対する評価の変遷を通して」 『南島史学』 2007.11.
栗田 英彦 「シャマニズム論における諸問題–アマヨンとフルトクランツの論争を通して」 『論集』 2007
包 龍 「モンゴル・シャマニズムの復興–ホルチン地方におけるダバー・ダブホ儀礼」 『日本モンゴル学会紀要』 2007
渡辺 雅子 「都市シャーマニズムの展開と機能–浜松市の自生会にみる「生き方道場」としての役割」 『明治学院大学社会学』 2006.7.
Sarangowa 「内モンゴルホルチン地方におけるシャマニズムに関する研究–復興について」 『千葉大学社会文化科学研究』 2006.3.
塩月 亮子 「沖縄のスピリチュアリティ–シャーマニズム・インターネット・ローカリティをめぐって」 『アジア遊学』 2006.2.
高良 有政 「経済学の彼方とシャーマニズム–経済学の危機と未来展望」 『経済と社会』 2006.12.
包 龍 「ホルチン地方におけるモンゴルシャマニズムの歴史と現状」 『岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要』 2006.11.
熊野 建 「北部ルソン島イフガオ族の伝統的シャーマニズム再考」 『関西大学社会学部紀要』 2006.10.
サランゴワ 「内モンゴルホルチン地方におけるシャマニズムに関する研究–変容について」 『千葉大学人文社会科学研究』 2006.09.
遠藤 宏. 遠藤 美津恵 「アイヌ社会の文化と死生観(その2)シャーマニズムとの関連から」 『草の根福祉』 2006
高 明潔 「一神教土着化の合理性–中国ムスリムの信仰体系と宗教活動に基づいて」 『愛知大学国際問題研究所紀要』 2006.9
丹羽 泉 「韓国宗教の諸相–比較の視座をもとめて (〔日本宗教学会〕第六十四回学術大会紀要特集) — (公開シンポジウム 韓国における宗教研究)」 『宗教研究』 2006.3
仲村 永徳 ; 屋宜 盛秀 「解離性障害とシャーマニズム (特集 還ってきたヒステリー–解離の精神病理(1))」 『精神医療. 第4次』 2006
齋藤 君子 「ナーナイのフォークロア調査報告(2)」 『北海道立北方民族博物館研究紀要』 2006
宮下 良子 「越境するシャーマニズム–在日コリアン一世女性の事例分析から (特集=宗教と女性–歴史、越境、地域)」 『韓国朝鮮の文化と社会』 2005.1
金 花子 「初期韓国シャーマニズム研究における「秋葉隆」の業績」 『比較民俗研究』 2005.1
島村 一平 「「患者」が「治療者」になるということ–モンゴル・ブリヤート人のシャーマニズムの事例から (クリニカル・ガバナンス–共に治療に取り組む人間関係) — (当事者的視点を生かすクリニカル・ガバナンス)」 『現代のエスプリ』 2005.9
宮下 良子 「在日コリアン一世女性の自己形成–シャーマニズムの事例分析から」 『国際教育文化研究』 2005.6
楊 紅 「満州族の火祭に見るシャーマニズム的特徴–中国東北地区における満州族の石氏族の事例を中心に」 『アジア文化研究』 2005.6
大橋 英寿 「沖縄シャーマニズムにみる信仰治療 (特別企画:臨床心理学と社会心理学(2)臨床心理学と社会心理学の接点におけるストレス研究)」 『ストレス科学』 2005.03.31
塩月 亮子 「社会病理と沖縄シャーマニズム–不登校児童生徒とその親のための相互扶助共同体の事例から」 『紀要 (日本橋学館大学紀要編集委員会)』 2005.3.30
阿部 裕 ; 井上 孝代 ; 林 香里 他 「海外レポート 日系ペルー人のアンケート調査とペルーの精神医療事情」 『明治学院大学心理学部付属研究所紀要』 2005.03
保坂 達雄 「神話の生成とシャーマニズム–日光感精型神婚譚を例にして」 『東横学園女子短期大学紀要』 2005.1
山田 孝子 「現代化とシャマニズムの実践にみる身体–ラダッキとサハの事例より (特集 文化のリソースとしての身体)」 『文化人類学』 2005
王 宏剛 ; 楊 紅 「マンシュー・ツングース系民族における柳崇拝」 『東アジア研究』 2005
齋藤 君子 「ナーナイのフォークロア調査報告(1)」 『北海道立北方民族博物館研究紀要』 2005
山田 純 「仁徳紀の歴史叙述–聖帝と伝仁徳天皇陵」 『文学研究論集』 2004年度
山田 純 「書紀によると世界は–天孫降臨と歴史叙述」 『文学研究論集』 2004年度
浮葉 正親 「韓国における巫俗の変容をめぐって–最近の研究動向とソウルの事例を中心に」 『名古屋大学日本語・日本文化論集』 2004
徳野 崇行 「シャーマニズムと仏教寺院との関係–宮城県松島町の事例を中心に」 『駒沢大学大学院仏教学研究会年報』 2004.5
塩月 亮子 「インターネットにみる日本の「伝統的」シャーマニズムと癒し–ネオ・シャーマニズムとの比較を通して」 『紀要 (日本橋学館大学紀要編集委員会)』 2004.3.30
王 貞月 「台湾シャーマニズムの歴史的概観–台湾シャーマン・タンキーを中心として」 『西南学院大学大学院文学研究論集』 2004.1
中村 俊哉、倉元 直樹、中島 義実 「死生観国際比較のための尺度作成について–日本における祖先対話 輪廻 日常的シャーマニズム」 『福岡教育大学紀要  教職科編』 2004
王 建新 「新疆ウイグルのシャーマニズム–イスラムの現代に生きる民俗信仰 (特集 路地裏の宗教) — (操られる神がみ)」 『アジア遊学』 2003.12
塩月 亮子 「シャーマニズムの変貌–世界観の現代化 (特集 沖縄文化の創造)」 『アジア遊学』 2003.7
延 恩株 「儒教の宗教性に関する一考察–韓国と沖縄のシャーマニズムとの関連において (特集 宗教・民族)」 『アジア文化研究』 2003.6
佐藤 憲昭 「「佐々木宏幹先生のシャーマニズム論」に関する覚書」 『文化』 2003.3
塩月 亮子、佐藤 壮広 「インターネットにみる今日のシャーマニズム–霊性のネットワーキング」 『紀要 (日本橋学館大学紀要編集委員会)』 2003.03.30
藤井 博英、山本 春江、大関 信子 他 「青森のシャーマニズム文化と精神保健」 『青森県立保健大学紀要』 2003.3
王 貞月 「台湾の宗教政策と人々の宗教信仰活動–シャーマニズムを中心として」 『西南学院大学大学院文学研究論集』 2003.1
Philippe Walter、渡邉 浩司 訳 「熊の頭蓋骨–聖遺物・偶像・仮面」 『北海道立北方民族博物館研究紀要』 2003
松枝 到 「アジアのシャマニズム (特集 モンゴル–シャマニズムの世界から)」 『東西南北』 2003
Suuhan Gerelt 「モンゴル帝国時代におけるハーンたちの世界観について (特集 モンゴル–シャマニズムの世界から)」 『東西南北』 2003
西村 幹也 「モンゴル北部ダルハド盆地のシャマニズム–ツァータン・トバの事例 (特集 モンゴル–シャマニズムの世界から)」 『東西南北』 2003
「ディスカッション (特集 モンゴル–シャマニズムの世界から)」 『東西南北』 2003
「特集 モンゴル–シャマニズムの世界から」 『東西南北』 2003
渡邊 欣雄 「風水とシャーマニズム–中国東南部の事例」 『民俗文化研究』 2002.9
山本 春樹 「書評と紹介 櫻井徳太郎編著『シャーマニズムとその周辺』」 『宗教研究』 2002.6
徳野 崇行 「宮城県中部沿岸地域のシャーマニズム–三人のオガミヤサンをめぐって」 『駒沢大学大学院仏教学研究会年報』 2002.4
石川 雅健 「沖縄における精神文化に関する研究–文藝作品にみるシャーマニズム」 『研究紀要 (名古屋女子文化短期大学)』 2002.3
王 貞月 「シャーマニズムとその民俗医療の役割–台湾シャーマン・タンキーを中心に」 『西南学院大学大学院文学研究論集』 2002.1
塩月 亮子 「表象としてのシャーマニズム–沖縄の映画と文学にみるアイデンティティ・ポリティックス (特集 文化人類学の現代的課題)」 『哲学』 2002.1
望月 佳重子 「ウェンディ・ローズの評論活動–白人シャーマニズム批判(その2)」 『愛媛大学法文学部論集 人文学科編』 2002
外山 昇 「霧のイニシエーション–Adventures of Huckleberry Finnとシャーマニズム」 『埼玉大学紀要 〔教育学部〕 人文・社会科学』 2002
中牧 弘允 「アマゾンのシャーマニック・ヴィジョンの表象 (アートと民族文化の表象) — (セッション3:アマゾン)」 『国立民族学博物館研究報告 別冊』 2001.8
永武 ひかる 「元呪術師(シャーマン)の画家パブロ・アマリンゴの作品と展示活動についての報告 (アートと民族文化の表象) — (セッション3:アマゾン)」 『国立民族学博物館研究報告 別冊』 2001.8
河合 隼雄 「ナヴァホへの旅 たましいの風景(6)シャーマニズムと西洋医学の対話」 『論座』 2001.7
河合 隼雄 「ナヴァホへの旅 たましいの風景(5)シャーマニズムと心理療法」 『論座』 2001.6
佐倉 聡 「詩歌とシャーマニズム–岩田慶治のシャーマニズム論と西田哲学」 『文学論藻』 2001.3
胡 樹 「中国巫教に見られるシャマニズム的特性」 『北陸宗教文化』 2001.3
佐藤 浩司 「二つのシャーマニズム (第10回〔天理台湾学会〕記念大会特別シンポジウム)」 『天理台湾学会年報』 2001.3
大場 四千男 「アイヌの口承文芸とシャマニズム–金田一京助のトス・シノッチャー論を中心に」 『北海学園大学経済論集』 2001.3
森 雅文 「奄美における「成巫」の語りと読み (生・老・死:日本人の人生観–内からの眼外からの眼) — (人生)」 『国立歴史民俗博物館研究報告』 2001.3
塩月 亮子 「沖縄における死霊観の歴史的変遷–静態的社会人類学へのクリティーク (生・老・死:日本人の人生観–内からの眼外からの眼) — (死)」 『国立歴史民俗博物館研究報告』 2001.3
崔 吉城 「ソウルに生きる風水・シャーマニズム・キリスト教 (特集 ソウル–六百年の歴史と未来の共存)」 『アジア遊学』 2001.12
巫 允明 「中国の民族に残る原始シャーマニズムの概要 (特集 チベット族の美術と芸能)」 『アジア遊学』 2001.1
Myangad Erdenebaatar 「16~17世紀のモンゴルにおける仏教とシャーマニズムの対決」 『鴨台史学』 2001.03
楠 正弘 「シャマニズム論の背景と展開」 『論集 (印度学宗教学会)』 2001
望月 佳重子 「ウェンディ・ローズの評論活動–白人シャーマニズム批判(1)」 『愛媛大学法文学部論集 人文学科編』 2001
福浦 厚子 「書評 志賀市子著『近代中国のシャーマニズムと道教–香港の道壇と扶〔ケイ〕信仰』」 『宗教と社会』 2001
宮内 勝典、吉田 敏浩 「特別対談・共同体再建に少数民族の「知恵」を!(下)現代にシャーマニズムは可能か?–宮内勝典+吉田敏浩」 『望星』 2000.9
宮内 勝典、吉田 敏浩 「特別対談・共同体再建に少数民族の「知恵」を!(上)現代にシャーマニズムは可能か?–宮内勝典(作家)+吉田敏浩(ジャーナリスト)」 『望星』 2000.8
Apinan Poshyananda、藤原 えりみ 訳 「アジアの美術と新千年紀–グローカリズムからテクノ・シャーマニズムへ (特集 アジアの美術–21世紀への視点を探る)」 『アジア遊学』 2000.4
可兒 弘明 「志賀市子著『近代中國のシャーマニズムと道教』–香港の道壇と扶〔ケイ〕信仰」 『東方宗教』 2000.11
黄 強 「満州族のシャーマニズムの祭祀儀礼–シャーマンの「家祭」を中心として」 『国際関係学部紀要』 2000.1
大橋 英寿 「特別講演 津軽と沖縄のシャーマニズムにみる癒し」 『心身医学』 2000.08
島村 一平 「平原に聴く、シャーマニズムの息吹」 『季刊民族学』 2000.07
大林 太良、赤坂 憲雄 「インタビュー 大林太良–北方のシャマニズム (特集 巫女のいる風景)」 『東北学[第1期]』 2000.04
佐々木 宏幹、山折 哲雄、赤坂 憲雄 「座談 シャーマニズムを問う (特集 巫女のいる風景)」 『東北学[第1期]』 2000.04
津田 博幸 「和歌とシャーマニズム–『日本書紀』をめぐって (特集 和歌の脱領域) — (宗教と和歌と声)」 『国文学 解釈と教材の研究』 2000.04
胡 樹 「シャマニズムと儒教」 『北陸宗教文化』 2000.03
高橋 順一 「『沖縄シャーマニズムの社会心理学的研究』大橋英寿(著)」 『社会心理学研究』 2000.03
曽 士才 「ミャオ族のシャーマニズム–招魂儀礼の事例報告〔含 写真〕」 『異文化』 2000
土肥 貞之 「シャーマニズムと修験道」 『秋田論叢』 2000
牛 克誠、朱 家駿 訳 「中国北方系岩面画における性的記号とその用法 (特集 世界の岩面画)」 『民族芸術』 2000
佐藤 壮広 「沖縄シャーマニズムと精神世界の交錯–ユタとセラピストの出会いから」 『沖縄民俗研究』 1999.3
佐藤 壮広 「書評 大橋英寿著『沖縄シャーマニズムの社会心理学的研究』/池上良正著『民間巫者信仰の研究–宗教学者の視点から』」 『沖縄民俗研究』 1999.3
金 両基 「シャーマニズムと神木からみた日韓の古代神事と芸能 (特集 東アジアの中の古代日本)」 『東アジアの古代文化』 1999.11
西原 明史 「カザフスタンにおける今日のシャーマニズム–民族医療センターを中心に (特集 もうひとつの医療)」 『教育と医学』 1999.11
加藤 之晴 「「癒しのわざ」としてのシャーマニズム–九州北部離島の事例から」 『駒沢大学大学院仏教学研究会年報』 1999.07
李 鎬山 「韓国のシャーマニズム–そのドキュメント作品による考察」 『アジア文化研究』 1999.06
申 長鎬 「在日韓国シャーマニズム–財数巫儀(チェスクッ)の事例を中心に(1)」 『アジア文化研究』 1999.06
「特集・言語とシャーマニズム」 『日本文学』 1999.05
石坂 妙子 「「内侍」を演じる女房–清少納言の位相 (特集・言語とシャーマニズム)」 『日本文学』 1999.05
鈴木 裕子 「宇治八の宮の「死霊」をめぐって–大君を追いつめたもの、そして阿闍梨の「欲望」 (特集・言語とシャーマニズム)」 『日本文学』 1999.05
内田 順子 「神歌と憑依–宮古島狩俣の神歌を対象に (特集・言語とシャーマニズム)」 『日本文学』 1999.05
石井 正己 「生霊事件と噂の視点–『源氏物語』のシャーマニズム (特集・言語とシャーマニズム)」 『日本文学』 1999.05
津田 博幸 「歴史叙述とシャーマニズム–『日本書紀』を中心に (特集・言語とシャーマニズム)」 『日本文学』 1999.05
岡部 隆志 「憑依と神婚–異類婚姻譚の発生 (特集・言語とシャーマニズム)」 『日本文学』 1999.05
土肥 貞之 「シャーマニズムの研究」 『秋田論叢』 1999.03
王 宏剛、楠木 賢道 訳、鈴木 真 訳 「中国における満族シャマニズム研究の現状」 『満族史研究通信』 1999.03
蛭川 立 「シャーマニズムへの進化論的アプローチ–進化心理学 新進化主義人類学双方の視点から」 『帝京大学文学部紀要 心理学』 1999.03
須田 直之 「リプライ 「シャーマニズム–社会的周辺」パラダイムの問題性」 『現代社会学研究』 1999
高橋 晋一 「津軽海峡文化圏における民俗宗教の共通性–神社信仰・シャーマニズム・講集団を中心として」 『徳島大学総合科学部人間社会文化研究』 1999
杉万 俊夫 「大橋英寿著「沖縄シャーマニズムの社会心理学的研究」」 『実験社会心理学研究』 1998.12
奥野 克巳 「シャーマニズム研究における「治療効果」再考 ボルネオ島カリス社会のバリアン儀礼を事例として」 『民族學研究』 1998.12
池上 良正 「大橋英寿著『沖縄シャーマニズムの社会心理学的研究』」 『宗教研究』 1998.12
渋谷 研 「大橋英寿著「沖縄シャーマニズムの社会心理学的研究」」 『民族學研究』 1998.09
上野 俊哉 「Urban Tribal Studies(2)今日のシャーマニズム」 『10+1』 1998.08
山田 孝子 「シャマニズム研究の動向–第4回国際シャマニズム研究会議(1997)に出席して」 『民族學研究』 1998.06
岡 洋樹 訳、Ayuudain Ochir 「モンゴル・シャーマニズムのテングリと叙事詩の主人公の関係について」 『内陸アジア史研究』 1998.03
西原 明史 「民族誌における主体性の脱構築–特にシボ族のシャーマニズムを事例として」 『九州大学比較教育文化研究施設紀要』 1998.03
上野 俊哉 「今日のシャーマニズム」 『建築文化』 1998.02
山田 孝子 「サハ・ヤクートにおけるシャマニズムの復興と自然の意味」 『エコソフィア』 1998
野田 燎 「シャーマニズムと音楽についての考察」 『芸術』 1998
佐藤 壮広 「沖縄のシャーマニズムと精神世界の交錯–ユタとセラピストの出会いから (1998年度ワークショップ報告書) — (ワークショップ(1)精神世界の構図2–精神世界の「社会性」を透視する)」 『宗教と社会』 1998
萩原 秀三郎 「中国東北地区のシャーマニズム調査報告–M.エリアーデの脱魂説は正しいか」 『日本民俗学』 1997.11
高橋 豊 「書評 ロジャー・ウォルシュ『シャーマニズムの精神人類学』」 『トランスパーソナル学』 1997.05
山本 誠 「よみがえるシャーマニズム」 『Ronza』 1997.05
佐藤 憲昭 「シャーマニズムにおけるトランスと治病儀礼 (シンポジウム トランスの治療的意義(日本催眠医学心理学会第42回大会))」 『催眠学研究』 1997.04
吉田 集而 「酒はシャーマニズムにあり」 『Vesta』 1997.01
安藤 治 「シャーマニズムが時代を救う?」 『春秋』 1997.01
Dilmurat Omar、西原 明史 訳 「アルタイ語系諸民族のシャーマニズム信仰の概況 (特集 民族文化とエスニシティ)」 『九州大学比較教育文化研究施設紀要』 1997.01
西原 明史 「病気の「物語化」–ウイグル族のシャーマニズムに関する「反-言説」の構築に向けて (特集 民族文化とエスニシティ)」 『九州大学比較教育文化研究施設紀要』 1997.01
佐藤 憲昭 「都市シャーマニズムの特徴–民俗宗教の持続と変容に関連づけて (ワークショップ(3)東アジア世界における民俗宗教の持続と変容)」 『宗教と社会』 1997
安藤 治 「シャーマニズムに時代を救う鍵がある? (特集はどこへ行くのか–こころの科学の未来に向けて) — (精神の考古学)」 『imago』 1996.12
柴野 八洲子 「シャーマニズムと卵生神話–死と再生への儀式」 『生活文化史』 1996.09
丹羽 泉 「宮家準・鈴木正崇編『東アジアのシャーマニズムと民俗』」 『宗教研究』 1996.06
伊藤 雄二郎 「菅靖彦著『変性意識の舞台~新しいシャーマニズムのステージ』」 『トランスパーソナル学』 1996.05
平山 真 「宗教と女性 (ワークショップ 1980年代・宗教研究を読みなおす–ポスト宗社研の課題と展望) — (報告とコメント)」 『宗教と社会』 1996.03
福島 邦夫 「平戸・生月の民間宗教者について–陰陽道とシャーマニズム」 『長崎大学教養部紀要 人文科学篇』 1996.01
入江 康介 「日本シャーマニズムにおける癒しの二類型–ユタのハンジとイタコの口寄せとの比較を通じて」 『西日本宗教学雑誌』 1996
煎本 考 「アイヌにシャマニズムはあるか–聖典 治療 演劇の象徴的意味」 『民族學研究』 1995.12
鈴木正崇編 渋谷 研 「「東アジアのシャーマニズムと民俗」宮家準」 『民族學研究』 1995.03
杉井 純一 「研究再考–シンガポール華人社会の変動とシャーマニズム」 『宗教研究』 1994.09
山田 孝子 「第2回国際シャマニズム研究学会会議」 『民族學研究』 1993.12
小松 和彦 「「鬼」とシャーマニズム–カロリン諸島と日本の比較のために」 『文化』 1993.03
講演 桜井 徳太郎 「現代シャーマニズムの行方–その情勢と研究動向」 『民俗学研究所紀要』 1993.03
原島 春雄 「シャーマニズムの墓標–清朝の堂子祭」 『学習院大学文学部研究年報』 1993
小松 和彦 「憑霊現象・治療儀礼・物語–中央カロリン諸島のシャーマニズム」 『待兼山論叢』 1993
本間 恵美子、大橋 英寿 「シャーマニズムに内在する”癒し”の諸相–沖縄の知見と諸説のレヴュー」 『函館大学論究』 1992.12
竹沢 尚一郎 「憑依宗教論–シャーマニズムから教祖まで (日本の宗教学–成果と展望)」 『宗教研究』 1992.06
奥山 倫明 「超越の層位学–「宗教学概論」から「ヨーガ」と「シャーマニズム」まで」 『東京大学宗教学年報』 1992
大橋 英寿、安保 英勇 「シャーマニズムと医療–沖縄の「ユタ」の場合 (なぜ今医療人類学か)」 『教育と医学』 1991.04
福留 範昭 「韓国のシャーマニズムと治療儀礼 (なぜ今医療人類学か)」 『教育と医学』 1991.04
淵上 恭子 「韓国キリスト教会の信仰治療–現代シャーマニズム社会におけるキリスト教会」 『慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要』 1991
小川 正恭 「夢とシャーマニズム–ツォウ族の事例から」 『武蔵大学人文学会雑誌』 1990.12
丹羽 泉 「韓国巫俗とシャマニズム–シャマニズム概念の使用をめぐって」 『社会科学ジャーナル』 1990.1
下野 敏見 「桜島におけるシャーマニズムの研究」 『鹿大史学』 1990
安和 守茂 「沖縄のヤー相続慣行と伝統的シャーマニズム」 『関西学院大学社会学部紀要』 1988.1
関根 賢司 「巫者と文学–神話とシャーマニズム 序説 (古代・中世文学にみる霊魂の世界–身と心とことば)」 『国文学解釈と鑑賞』 1988.09
津城 寛文 「鎮魂行法研究の立場と方法–岸本宗教学とシャマニズム研究を手掛りに」 『神道学』 1988.05
金城 正典、大橋 英寿 「非行への家族の対応行動と伝統文化–シャーマニズムへの依存を手がかりにして」 『犯罪心理学研究』 1988.03
Mandusurung 著、利光 有紀 訳 「ダゥール族のシャマニズム」 『日本モンゴル学会紀要』 1988
佐藤 憲昭 「都市シャーマニズムの均質化と多様化(地域文化の均質化-2-)」 『人類科学』 1988
大橋 英寿 「医療人類学の世界-4-現代医療とシャーマニズムの接点–沖縄の現状」 『からだの科学』 1987.11
谷口 貢 「青ケ島のシャーマニズム」 『文化』 1987.03
津城 寛文 「川面凡児の鎮魂行法説–脱魂型シャマニズムの身体論-下-」 『神道学』 1987.02
宮川 尚志 「シャマニズムと道教」 『東海大学紀要 文学部』 1987
津城 寛文 「川面凡児の鎮魂行法説–脱魂型シャマニズムの身体論-上-」 『神道学』 1986.11
大橋 英寿、作道 信介、堀毛 裕子 「2重治療システムをめぐる病者と家族の対処行動–シャーマニズムと精神医療の機能関連」 『社会心理学研究』 1985.1
又吉 正治、荻野 恒一 「沖縄のシャーマニズム(祖先崇拝)にみる家族療法の機能 (文化人類学の現在) — (医療人類学とは何か)」 『理想』 1985.08
楠 正弘 「燃える「シャーマン」–「堀シャーマニズム論」をめぐって」 『日本文化研究所研究報告 別巻』 1985.03
鈴木 研二 「シャーマニズムの心理学-1-意識の深化・意識の拡大」 『茨城キリスト教大学紀要』 1985
福留 範昭 「「韓国のシャーマニズム」崔吉城著」 『宗教研究』 1984.09
高橋 亨 「王朝文学と憑霊の系譜–ことばのシャーマニズム (幻想文学–夢のモルフォロジー)」 『国文学 解釈と教材の研究』 1984.08
川村 邦光 「巫者の生活史–東北地方シャマニズムの一断面」 『日本民俗学』 1984.05
大橋 英寿 「信仰治療と現代医療の機能関連–沖縄シャーマニズムへの社会心理学的接近」 『東北大学文学部研究年報』 1984
堀毛 一也、大橋 英寿 「沖縄における主婦の社会化過程とシャーマニズムー1-地域調査の概要」 『東北福祉大学紀要』 1984
中村 哲 「新羅王制起源とシャーマニズム」 『法学志林』 1983.03
岡 千曲 「タブー・病気・シャーマニズム–エスキモー世界の構造と医療の論理」 『相模女子大学紀要』 1983
蒲原 大作 「契丹古伝説の一解釈–シャーマニズム研究の一環として」 『民族學研究』 1982.12
下野 敏見 「南九州のシャーマニズム」 『人文学科論集』 1982
大橋 英寿 「沖縄シャーマニズムの歴史–ユタ禁圧の諸相と背景」 『東北大学文学部研究年報』 1982
内田 るり子 「奄美のユタとその周辺–シャマニズムと音楽 (奄美)」 『南島史学』 1981.11
岩田 慶治 「わが読書–シャマニズム再考」 『中央公論』 1981.11
関根 賢司 「源氏物語におけるシャーマニズム要素 (源氏物語–作品論へ) — (前代からの眼・前代への眼)」 『国文学解釈と鑑賞』 1981.05
洗 建 「佐々木宏幹著「シャーマニズム」–エクスタシーと憑霊の文化」 『宗教学論集』 1980.12
蒲原 大作 「北アジア諸民族の葬儀における畜殺–シャーマニズム研究の一環として」 『宗教学論集』 1980.12
藤井 貞和 「源氏物語論–シャーマニズム要素 (源氏物語)」 『ユリイカ』 1980.12
狩野 千秋 「新大陸の猫神儀礼とシャーマニズム–二元的表象の意味と性格について」 『民族學研究』 1980.03
楠 正弘 「ゴミソ信仰–日本的シャマニズムの一形態」 『日本文化研究所研究報告 別巻』 1979.03
中村 弘 「日本におけるシャーマニズムの人格に関する研究」 『西南学院大学児童教育学論集』 1979.03
七沢 賢治 「シャーマニズムについて (現代宗教学の諸問題)」 『宗教学年報』 1979
藤井 正雄 「桜井徳太郎著「日本のシャマニズム 下巻」」 『日本民俗学』 1978.03
野村 暢清 「出雲地域の憑物現象と北方シヤマニズム」 『哲学年報』 1978.03
山折 哲雄 「桜井徳太郎著「日本のシャマニズム」(下巻)」 『民族學研究』 1977.09
山折 哲雄 「桜井徳太郎著「日本のシャマニズム」」 『宗教研究』 1977.09
「〔都市のシャーマニズム(藤井貞和)〕 (都市–を読み解く)」 『現代詩手帖』 1977.05
「真正シャーマニズムの復権–H・フィンダイゼン「霊媒とシャマン」、M・エリアーデ「シャーマニズム」、桜井徳太郎「日本のシヤマニズム」(思想と潮流)」 『朝日ジャーナル』 1977.05.13
高橋 渉 「シャマニズムの的形態」 『宮城学院女子大学研究論文集』 1977
佐藤 久光 「シャマニズムの社会学的研究」 『ソシオロジ』 1976.11
高橋 盛孝 「エスキモーの民話とシャマニズム」 『東方学』 1976.07
松前 健 「柳東植著「朝鮮のシャーマニズム」」 『朝鮮学報』 1976.07
鎌田 久子 「桜井徳太郎著「沖縄のシャマニズム」」 『日本民俗学』 1976.03
佐藤 久光 「シャマニズムの社会学的研究」 『哲学論集』 1976.03
中谷 弘光 「四度加行とシャーマニズムー2-」 『愛知県立大学文学部論集 一般教育編』 1976
崔 吉城 「韓国の祭りについて–特にシャーマニズムの土着化に関連して (第26回〔日本民俗学会〕年会研究発表)」 『日本民俗学』 1975.04
長野 泰彦 「シャーマニズム学説小史補遺」 『東洋学報』 1975.03
沢井 義則 「エリアーデ著堀一郎訳「シャーマニズム」」 『宗教学年報』 1975
平田 小六 「根底に貫流するシャマニズム–原始的な呪術社会からの軌跡(日本人の思考と信仰-1-)」 『日本及日本人』 1974.07
金 両基 「シャーマニズムと韓国の芸能 (東洋演劇(特集))」 『演劇学』 1974.03
佐々木 宏幹 「桜井徳太郎著「沖縄のシャマニズム–民間坐女の生態と機能」」 『民族學研究』 1974.03
崔 吉城 「韓国シャーマニズムにおける「入巫過程」」 『民族學研究』 1973.09
梁 厚 「韓国のシャーマニズム (暮らしの中の宗教性(主題))」 『思想の科学 第6次』 1973.08
玄 容駿 「韓国のシャーマニズムと社会」 『アジア文化研究』 1973.05
長 清子 「柳東植「朝鮮シャーマニズムの歴史–構造的特質」」 『アジア文化研究』 1973.05
長野 泰彦 「シャーマニズムに関する学説の諸相」 『東洋学報』 1971.12
堀 一郎 「シャーマニズムの問題」 『宗教学論集』 1970.12
泉 靖一 「朝鮮のシャーマニズム」 『朝鮮学報』 1970.07
桜井 徳太郎 「本邦シャマニズムの変質過程–とくに地蔵信仰との習合について」 『日本歴史』 1970.03
泉 靖一 「「坐座来歴」考 (シャマニズム研究)」 『東洋文化』 1969.03
堀 一郎 「Studies in Shamanism.edited by Carl-Martin Edsman 1967(書評) (シャマニズム研究)」 『東洋文化』 1969.03
和田 完 「シャーマンと精神障害 (シャマニズム研究)」 『東洋文化』 1969.03
吉田 禎吾 「ジャカルタのシャマン (シャマニズム研究)」 『東洋文化』 1969.03
大林 太良 「シャマニズムの起源について (シャマニズム研究)」 『東洋文化』 1969.03
石津 照璽 「シャマニズムの特質と範型–東北地方における事例 (シャマニズム研究)」 『東洋文化』 1969.03
東大東洋文化研究所 「シャマニズム研究」 『東洋文化』 1969.03
小口 偉一 「新宗教集団の構造とシャマニズム–ヴェルナー・コーラの所論に関連して (シャマニズム研究)」 『東洋文化』 1969.03
李 杜鉉 「揚州坐堂 (シャマニズム研究)」 『東洋文化』 1969.03
石津 照璽 「東北の巫俗採訪覚之書-1-シャマニズムの問題性及び青森県の南部地方のこと」 『慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要』 1969.03
小野 泰博 「シャマニズムへの回帰–identity conlictの問題 (社会不安の社会心理学(特集))」 『年報社会心理学』 1968.11
堀 一郎 「日本のシャーマニズム–日本人の精神構造を探る」 『世界』 1968.07
泉 靖一 「シャーマニズムの世界–韓国の坐俗を中心として」 『世界』 1968.02
護 雅人 「イナン著「歴史上の及び現在のシャマニズム–資料と研究」」 『東洋学報』 1962.1
鈴木 昭英 「山岳信仰・修験道とシャマニズムとの関係–護法飛びの考察をめぐって」 『大谷史学』 1961.11
ピルスツキ B ; 和田 完 訳 「樺太アイヌのシャーマニズム」 『北方文化研究報告』 1961.04
印南 喬 「東洋芸能におけるシャーマニズムの意義」 『演劇学』 1959.01
諸井 慶徳 「シャマニズムに於ける中核的内容の特質」 『宗教研究』 1958.01
堀 一郎 「暗示にかかりやすい日本の女性–シャマニズムの歴史から」 『婦人公論』 1953.1
小口 偉一 「シャーマニズム文化圏の問題」 『宗教研究』 1952.12
護 雅夫 「「矢を分ち与へる話」について–北アジヤシャーマニズム研究の一節」 『北方文化研究報告』 1952.03
小口 偉一 「新宗教集団の形成とその基盤–シャマニズムと祖先崇拝との複合形態」 『思想』 1951
小口 偉一 「新宗教集国の形成とその基盤-承前-シャマニズムと祖先崇拝と複合形態」 『思想』 1951
岩井 大慧 「わがシャマニズム研究の回顧」 『民族學研究』 1949.09
原田 敏明 「部落祭祀におけるシャマニズムの傾向」 『民族學研究』 1949.09
秋葉 隆 「巫と火–朝鮮シャマニズムにおける野火の行事」 『民族學研究』 1949.09
小口 偉一 「シャマニズム的世界観の問題」 『東洋文化研究』 1948.06

「シャーマニズム関連文献」への1件のフィードバック

コメントを残す