火葬に反対した奥八兵衛の抵抗運動

 天皇、皇后両陛下の「ご喪儀」の在り方を検討していた宮内庁は平成25年11月14日、葬法を火葬とすると発表したが、かつて奥八兵衛という人物が、火葬反対の運動を展開していた。物集高見著『日本の人』(国学院、明治32年7月)には次のように書かれている。
 「魚売八兵衛は京都の人なり。承応3(1654)年9月、後光明天皇崩御の聞ありて、御葬儀は、持統天皇以来の火葬の御式と聞えしかば、八兵衛、伝へ聞き手、大きに驚き、天皇は、御在世の間、常に旧典の廃れたるを嘆かせ給ひて、其復興をこそ思召したりしを、如何なれば、聖旨にもあらぬ火葬の御式を用ふるぞ、仮令、身は、魚売の賎民なるにもせよ、傍観して在るべきにあらずと、心を決して仙洞の庭に拝伏し、百司の門に跪き、日夜泣き叫びて哀願して止まざりしほどに、大方ならが、人心を感動して、遂に、朝議を一変して、埋葬の御式に依らしめたりといふ」
 明治40(1907)年5月、八兵衛に正五位が贈られている。


「火葬に反対した奥八兵衛の抵抗運動」への1件のフィードバック

  1. いまや日本は火葬率99.99%くらいで土葬はほとんど絶滅状態です。それでも土葬の会は保存と存続を求めて活動していますので奥八兵衛弐に似ていますが。このようなひとが明治時代に居たんですね。

コメントを残す