楠公義祭同盟の連名帖がおさめられた木箱

楠公義祭同盟の連名帖がおさめられた木箱(楠神社蔵)。これも、福岡博『佐賀の幕末維新八賢伝』(出門堂、2005年)に収められたもの。
枝吉神陽(副島種臣の実兄)が1850年に楠公義祭同盟を結成した。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください