「あゝ『陛下の赤子』が『資本の奴隷』とは何事ぞ!」


遠藤友四郎(無水)は、『国体原理天皇親政篇』(錦旗会本部、昭和8年)において、「あゝ『陛下の赤子』が『資本の奴隷』とは何事ぞ!」と題して、次のように書いていた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください