マレーシアでも高まるTPP反対論

2013年8月1日、マレーシア通産省はTPPに関する国民の意見を募るため、オープンデーをが開催したが、TPP反対論が賛成論を圧倒したようだ。
マレーシア国民の間に、アメリカがTPPによって参加国の経済を支配しようとしているとの不信感が広がっているのだ。
すでに、マハティール元首相は7月12日『New Straits Times』に掲載された記事でTPP反対論を展開していた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください