フィリピンの大亜細亜主義者ピオ・デュラン博士

フィリピンの大亜細亜主義者ピオ・デュラン博士は、戦前の日本の論壇にも度々登場していた。
例えば『大亜細亜』(昭和11年8月号)には「大亜細亜主義運動と比律賓」と題してフィリピン大亜細亜協会設立の意義について述べている。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください