小学校で教えられていた文天祥─忘却された『靖献遺言』の精神①

 『月刊日本』の連載「明日のサムライたちへ 志士の魂を揺り動かした十冊」で浅見絅斎『靖献遺言』を取り上げています。
2013年3月号には、「内外の別」論の関連で、文天祥、謝枋得、劉因のことを書きました。
戦前、文天祥は小学校の教科書にも登場していました。
例えば、文部省『尋常小學國語讀本 卷10』(日本書籍、昭和4年)の第18章に出てきます。


コメントを残す