志士たちの詩歌(平成24年9月4日①)

志士たちの和歌 藤田東湖 1

いたづらに身をば嘆かじ灯火のもゆる思ひを世にかかげばや

訳 思い通りにいかないからといって嘆くまい。心の中の灯のような燃える思いを世の中に掲げようではないか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください