ある書棚から


書籍

著者 書籍写真 書名 出版社 出版年 備考
片岡鉄哉 “黒船待ち”の日本―ゴーリズム国家をめざして 日本教文社 1982年1月
田中正明 アジア独立への道 展転社 1991年7月
竹内好 日本とアジア 筑摩書房 1993年11月
ムハンマド・バーキルッ=サドル著、黒田寿郎訳 イスラーム経済論 未知谷 1993年12月
マハティール、石原慎太郎 「NO」と言えるアジア―対欧米への方策 光文社 1994年10月
滝沢誠 権藤成卿 その人と思想―昭和維新運動の思想的源流 ぺりかん社 1996年12月
永畑道子 凛―近代日本の女魁・高場乱 藤原書店 1997年3月
葛生能久 東亜先覚志士記伝 上、中、下(覆刻) 大空社 1997年5月
青木保・佐伯啓思編著 「アジア的価値」とは何か 阪急コミュニケーションズ 1998年2月
佐伯啓思 「アメリカニズム」の終焉―シヴィック・リベラリズム精神の再発見へ 増補版 阪急コミュニケーションズ 1998年8月
吉田公平 洗心洞箚記―大塩平八郎の読書ノート〈上〉〈下〉 たちばな出版 1998年10月
室潔 東条討つべし―中野正剛評伝 朝日新聞社 1999年10月
春名幹男 秘密のファイル(上)(下) CIAの対日工作 株式会社共同通信社 2000年3月
松本健一 竹内好「日本のアジア主義」精読 岩波書店 2000年6月16日
山鹿素行著、土田健次郎訳 聖教要録・配所残筆 講談社 2001年1月
出口京太郎 巨人 出口王仁三郎 天声社 2001年8月30日
田中正明 パール判事の日本無罪論 小学館 2001年10月
内田良平研究会著、中村武彦監修 国士 内田良平―その思想と行動 展転社 2003年1月
生出寿 作戦参謀辻政信―ある辣腕参謀の罪と罰 新装版 光人社 2003年2月
保阪正康 日本解体―「真相箱」に見るアメリカGHQの洗脳工作 扶桑社 2003年8月7日
葦津珍彦著、葦津珍彦の主張普及発起人会 大アジア主義と頭山満 葦津事務所 2005年10月
吉川元忠、関岡英之 国富消尽―対米隷従の果てに PHP研究所 2005年12月
『大西郷遺訓』出版委員会編 大西郷遺訓―立雲頭山満先生講評 K&Kプレス 2006年2月
葦津珍彦 国家神道とは何だったのか 新版 神社新報社 2006年11月
松本健一 近代アジア精神史の試み 岩波書店 2008年1月16日
近藤啓吾 吉田松陰と靖獻遺言 錦正社 2008年5月
Tim Weiner Legacy of Ashes: The History of the CIA Anchor; Reprint版 2008年5月
松本健一 どぐら綺譚魔人伝説 増補・新版 勁草書房 2009年9月29日
田中宇 日本が「対米従属」を脱する日–多極化する新世界秩序の中で 風雲舎 2009年12月10日
影山正治 一つの戦史 大東塾出版部 2010年6月
日下公人、伊藤貫 自主防衛を急げ! フォレスト出版 2011年4月15日
ティム ワイナー著、藤田博司他訳 CIA秘録〈上〉〈下〉 文藝春秋 2011年8月

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください