高山岩男関連文献


書籍

著者 書籍写真 書名 出版社 出版年 備考
高山岩男著、花澤秀文編 超近代の哲学 燈影舎 2002 (京都哲学撰書 / 大峯顯, 長谷正當, 大橋良介編 ; 第20巻)
高山岩男著、齋藤義一編 文化類型学・呼応の原理 燈影舎 2001 (京都哲学撰書 / 大峯顯, 長谷正當, 大橋良介編 ; 第15巻)
高山岩男著 ; 花沢秀文編・解説 世界史の哲学 こぶし書房 2001 (こぶし文庫 ; 29 . 戦後日本思想の原点)
西田幾多郎、大島康正、高坂正顕、務台理作、相原信作、下村寅太郎、西谷啓治、鈴木成高、高山岩男、森哲郎著 世界史の理論―京都学派の歴史哲学論攷 燈影舎 2000 (京都哲学撰書 / 大峯顯, 長谷正當, 大橋良介編 ; 第11巻)
花澤秀文 高山岩男 : 京都学派哲学の基礎的研究 人文書院 1999年7月
高山岩男、和田寛伸 新哲学年表 増補 南窓社 1996
高山岩男 京都哲学の回想 : 旧師旧友の追憶とわが思索の軌跡 燈園燈影舎 1995年4月 (燈影撰書 ; 24)
西谷啓治、高山岩男、高坂正顕、下村寅太郎著 田辺哲学とは 一燈園燈影舎 1991 燈影撰書
高山岩男 西田哲学とは何か 燈園燈影舎 1988年6月 (燈影撰書 ; 13)
高山岩男,和田寛伸 新哲学年表 南窓社 1984
高山岩男 教育愛と教師の権威 玉川大学出版部 1982
高山岩男著 ; 韓基彦譯 ; 韓國日本學會編譯 教育哲學 教學研究社 1981 (日本文化叢書 / 韓國日本學會編 ; 第3巻)
高山岩男 国際的中立の研究 原書房 1980
高山岩男 政治家への書簡  正、続 創文社 1979
高山岩男 教育者への書簡 玉川大学出版部 1979
高山岩男 場所的論理と呼応の原理 改訂版 創文社 1976
高山岩男 教育哲学 玉川大学出版部 1976
高山岩男 文明の哲学 : 没落の問題をめぐって 東海大学出版会 1974
高山岩男 日本民族の心 : 文化類型学的考察 玉川大学出版部 1972
高山岩男編 教科書裁判と社会科教育 時事通信社 1971 (時事新書)
高山岩男 哲学的人間学 玉川大学出版部 1971
高山岩男 実存哲学 宝文館出版 1969
高山岩男 国際的中立の研究 時事通信社 1968
高山岩男 教育と倫理 創文社 1968
高山岩男 哲学入門 清水弘文堂書房 1967
高山岩男 哲学とは何か 創文社 1967
高山岩男 弁証法入門 清水弘文堂書房 1967
高山岩男 現代の政治・社会思想 : 社会科における取扱いに関連して 帝国地方行政学会 1964 (学校選書)
高山岩男 国際的中立の研究 日本文化連合会 1961 (日本文化学術叢書)
高山岩男 保守主義と進歩主義 日本文化連合会事務局 1959 (日本文化連合会叢書)
高山岩男 道徳とは何か : 倫理学入門 創文社 1958
高山岩男 中立の過去と現在 : 国際的中立の研究 大学出版協会 1956
高山岩男 哲学用語辞典 改訂 弘文堂 1956 (アテネ文庫 ; 115)
高山岩男 現代の不安と宗教 創文社 1955
高山岩男 協同社会の精神 協同組合懇話会 1955 (協同主義叢書 ; 2)
高山岩男 日本の思想的立場 世界民主出版部 1954
高山岩男 二つの世界に抗して : 文明の破局と人類の對決 中央公論社 1954
高山岩男, 矢部貞治編 新しい日本の進路 勁草書房 1953
高山岩男 宗教はなぜ必要か 創文社 1953 (フォルミカ選書 ; 8)
高山岩男、上田泰治 論理学 創文社 1952
高山岩男 道徳の危機と新倫理 創文社 1952
高山岩男 哲學年表 弘文堂 1951 (アテネ文庫 ; 154)
高山岩男 西田哲學 角川書店 1951 (角川文庫 ; 219)
高山岩男 場所的論理と呼應の原理 弘文堂 1951
高山岩男 哲學用語辭典 弘文堂 1950 (アテネ文庫 ; 115)
高山岩男 宗教 : 人間の求むる最後のもの 秀文館 1950
高山岩男 哲學概説 弘文堂 1950
高山岩男 社会と個人 信濃教育会出版部 1950
高山岩男 哲學概説 弘文堂 1950 (アテネ新書 ; 11)
高山岩男,島谷俊三編 西田寸心先生片影 黎明書房 1949
高山岩男 文化類型學 改訂版 弘文堂 1949
高山岩男 弁証法入門 弘文堂 1949 (アテネ文庫 ; 53)
高山岩男 マルクシズムの超克 弘文堂 1949
高山岩男 實存哲學の話 寳文館 1949
高山岩男 哲學入門 弘文堂 1949 (アテネ文庫 ; 66)
高山岩男 哲學の運命 玄林書房 1948
高山岩男 ヘーゲル 弘文堂 1948
高山岩男 西田哲学 正、続 改訂版 秀文館 1948
高山岩男 理性・精神・実存 国立書院 1948
高山岩男 哲學と哲學的實存 弘文堂書房 1948
高山岩男 現代哲學の課題 秋田屋 1948
高山岩男 所の倫理 弘文堂書房 1947 (教養文庫 ; [134])
高山岩男 文化國家の理念 秋田屋 1946 (新學藝叢書 ; 1)
高山岩男 [ほか] 著 日本世界史 弘文堂書房 1944 (世界史講座 ; 2)
西田啓治 [ほか著] 世界史の理論 弘文堂書房 1944 (世界史講座 ; 1)
高山岩男 日本の課題と世界史 弘文堂書房 1943
高山岩男 世界史の哲學 岩波書店 1942
高山岩男 文化類型學研究 弘文堂書房 1941
高山岩男 我が國土と文化的精神 日本文化協會 1941 (日本文化 ; 第70冊)
高山岩男 続西田哲学 岩波書店 1940
高山岩男 文化類型学 弘文堂書房 1939 (教養文庫 ; 4)
高山岩男 哲學的人間學 岩波書店 1938
高山岩男 ヘーゲル 弘文堂書房 1936 (西哲叢書 ; 20)
高山岩男 西田哲学 正 続 岩波書店 1935

 

コメントを残す