金玉均碑文(朴泳孝撰)訳

嗚呼、非常の才を抱き、非常の時に遇い、非常の功なく、非常の死あり、天の金公を生(いだ)すや是のごときのみや、磊落雋爽(らいらくしゅんそう)にして小節になずまず、善を見ること己れの如く、豪侠にして衆を容るるは公の性なり。魁傑、軒昂として、特立、独行、百折するも屈せず、千万[人といえども]かつ往くは公の気なり。神檀の国家を扶け、磐泰の安きを尊び、聖李の宗社を翼(たす)け、天壌の庥(きゅう)者に基(もと)いするは公の自任の志なり。公、朝に仕えて未だ始めて顕われず、君に得て未だ始めて専らにせず、然り、頑ななる奸戚が〔官職に〕任じ、締比して廷に盈(み)ち、偸(ぬす)みて恬嬉(平安を喜ぶ)に狃(な)れ、壅遏(ようあつ)(押へとめて)恣ままに弄あそび、愷切の言はまさに衆怒を招き、深遠の慮ばかりは反って羣疑を致し、内は而して政令多岐なれば生民愁苦し、外は而して隣交に道を失い、嘖説は紛至し、国、幾(ほと)んど自立する能わず、而して朝夕の憂いあり。慨然として奮決し、謀りて以て君側を清めんと欲し、開国四百九十三年、甲申の冬に至り、同志を糾[合]して、乗輿を慶祐宮に奉じ、朝廷の大事を処置し、三日を越えて上に扈(したが)い昌徳の闕に帰る。餘げつ、清将をそそのかして順を犯し、衆もて寡に相懸る、空拳、張闘するも勢い能く支えるなく、僅かに身を以て日本使館に投じ、因て海を渡り、閒関(ようやく)、命を為(をさ)む。羣奸、公を畏れること甚しく、かつ公に讐(あだ)せんとし、公の甘心を欲するは必せり、前後、刺客を遣わし、項背相望(頻繁)む。公、これを防ぐこと密かにして、かつ庇護の力を得ること甚しきに至り、終に售(讐)然たるを得ず。


公、また、一日、未だ安まらざる漂游の中において、南のかた不毛(の地)に移され、北は窮髪(草本不生の地)に遷さる。その困苦、逼阨は多く人の堪えざる所、これに晏如として処(お)り、未だかつて懐めを介さず。
東方の事を論ずれば毎(つね)に三国〔和協〕を謂いて従を為さず、以て紫髯の桀鱉(驁)と角(あらそ)うベからずとす。忽ち甲午の春を以て、瓢然、衣を振い、春申の浦に於て凶人洪鍾宇の為に掩撃せられ、屍は故国に還るも肢解の辱めに遭う。日本の志士、かつは憤り、かつは怒り、これを悲(か)哀(なし)むこと親戚の如く、遺衣を以て招魂しこれを青山の阿(大陵)に葬うこと、今よりすでに十有一年なり。
議する者、或は謂う、公、躬は聖明に逢い、亜公に位して孤なるも、従容として規諌し、敷きて心膂(しんりょ)〔王を補佐〕を陳(の)ぶ、言えば必ず聴かれ、計れば必ず用いられ、事、なるべからざるなき者、すなわち挙措はそむきて、激跡(あしあと)はなはだ暴に渉る、敗れるに至って踵(くびす)をめぐらさず、かつ既に槖(たく)(ふくろ)を載せて全きを求む。則ち固より宜しく静処にてこれを俟ち、鞱(とう)(韜)光(こう)(光りをつつみかくして)錬精し、視れば而して動くべし。すなわち勢量、時に審びらかならず、経して危地に就き、ついに以て禍を取る、その自らを軽んずること亦、甚し、これ公の言を知るに非ざるや。
まさに権奸(奸臣)跋扈し、国勢は綴旈(てつりゅう)(王に実権なく)す、徒らに口舌を以て争うべからず、則ち自らの潔きをよろこぶに忍びず、坐して君国の危きを視、而して救わずんばと、わざと寧一(ねいいつ)(穏かな安静の時)に奮つて雷の撃を借り、以て清乱の本を掃ひ、而してその事(つか)えしを去(すつ)るに及びしは屑ぎよからざるも、溝涜(こうとく)(どぶさらい)の諒を為せしなり。いやしくも吾が身ここに在らば、吾が君安んずべし、吾が国保つべし、異域に萍(へい)蓬(ほう)(うきくさ)する所以は、ますます堅く、ますます壮んにして、その西行(上海行)の事のごときは意はなはだ微にして人の窺い知る者あるなし、不幸にして中途に摧折し、千古に寂々たらしむ。
けだし公の事は以て成敗を論ずべからず、まさにその志を視るのみ。忠にして讒せられ、信にして疑わるるは古より何ぞ限りあらんに、未だ、公の遇いし、この酷に如くはあらず、而して公の志は終始一貫、或は詩歌、飲、博に至るまで、風柳にして蕩さぜるが如く、禅門に静悟せし枯僧の捨てざるが如く、一片、憂愛の丹、鬱勃として磅磚、金石も透すべし。而して今は則ち亡ぶ、この人やこの命あり、それ天か。公、卒するの年、日清戦役起り、人、公の死を謂い、以てこれに激するあり、而して国人、始めて稍(やや)、公の志を知り、みな奮興してこれを継ぐを思う、公、死せると雖ども、功を国に為すこと大なり。
公の嗣子英鎮、まさに碑を建て以て孝思を伸べんとし、吾れの公との生死の誼みを謂いて、文を為すを請う、以て文辞なき能わず、涙筆もて蕪言し、後の人に告げて、この公の非常の人たるを知らしむ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください