山路愛山関連文献


書籍

著者 書籍写真 書名 出版社 出版年 備考
伊藤雄志   山路愛山とその同時代人たち―忘れられた日本・沖縄 丸善プラネット 2015年10月
山路愛山 源頼朝―時代代表日本英雄伝 平凡社 2008年2月 ワイド版東洋文庫 477
伊藤雄志 ナショナリズムと歴史論争―山路愛山とその時代 風間書房 2005年10月
山路愛山 現代金権史 文元社 2004年3月 教養ワイドコレクション
千葉俊二 坪内祐三 日本近代文学評論選 明治・大正篇史 岩波書店 2003.12 (岩波文庫)
山路愛山 基督教評論 日本図書センター 2003 (近代日本キリスト教名著選集 鈴木範久監修 第3期  キリスト教受容史篇 17)
徳冨蘆花、木下尚江他 徳冨蘆花・木下尚江 筑摩書房 2002.1 (明治の文学 第18巻)
藪禎子、吉田正信、出原隆俊校注 キリスト者評論集 岩波書店 2002 (新日本古典文学大系 佐竹昭広ほか編 明治編 26)
山路愛山 岩崎弥太郎 大空社 1998.11 (近代日本企業家伝叢書 4)
山路愛山 西郷隆盛 復刻版 日本図書センター 1998 (山路愛山伝記選集 第10巻)
山路愛山 勝海舟 復刻版 日本図書センター 1998 (山路愛山伝記選集 第9巻)
山路愛山 佐久間象山 復刻版 日本図書センター 1998 (山路愛山伝記選集 第8巻)
山路愛山 新井白石 復刻版 日本図書センター 1998 (山路愛山伝記選集 第7巻)
山路愛山 荻生徂徠 復刻版 日本図書センター 1998 (山路愛山伝記選集 第6巻)
山路愛山 徳川家康 復刻版 日本図書センター 1998 (山路愛山伝記選集 第5巻)
山路愛山 豊太閤 後編 復刻版 日本図書センター 1998 (山路愛山伝記選集 第4巻)
山路愛山 豊太閤 前編 復刻版 日本図書センター 1998 (山路愛山伝記選集 第3巻)
山路愛山 足利尊氏 復刻版 日本図書センター 1998 (山路愛山伝記選集 第2巻)
山路愛山 源頼朝 復刻版 日本図書センター 1998 (山路愛山伝記選集 第1巻)
岡利郎 山路愛山 : 史論家と政論家のあいだ 研文出版 1998 (研文選書 77)
山路愛山 豊臣秀吉 下 岩波書店 1996.3 (岩波文庫)
山路愛山 豊臣秀吉 上 岩波書店 1996.2 (岩波文庫)
明治文化研究会 明治文化全集 第22巻 日本評論社 1993.1
佐藤和彦編 論集足利尊氏 東京堂出版 1991
山路愛山 現代金権史 社会思想社 1990 (現代教養文庫 1351)
藤原暹 日本生活思想研究 生活思想研究会 1989.3
坂本多加雄 山路愛山 吉川弘文館 1988.9 (人物叢書 新装版)
山路愛山 徳川家康 下 岩波書店 1988.4 (岩波文庫)
山路愛山 独立評論 7 みすず書房 1988.3 (Misuzu reprints 9)
山路愛山 独立評論 6 みすず書房 1988.2 (Misuzu reprints 8)
山路愛山 独立評論 5 みすず書房 1988.1 (Misuzu reprints 7)
山路愛山 徳川家康 上 岩波書店 1988.1 (岩波文庫)
山路愛山 独立評論 4 みすず書房 1987.6 (Misuzu reprints 4)
山路愛山 独立評論 3 みすず書房 1987.5 (Misuzu reprints 3)
山路愛山 独立評論 2 みすず書房 1987.11 (Misuzu reprints 6)
山路愛山 独立評論 1 みすず書房 1987.1 (Misuzu reprints 5)
山路愛山 源頼朝 : 時代代表日本英雄伝 平凡社 1987 (東洋文庫 477)
民友社思想文学叢書 第3巻 三一書房 1985.2
山路愛山著、石上良平、石上熈子共編 人生・命耶罪耶 影書房 1985
隅谷三喜男責任編集 徳富蘇峰 山路愛山 中央公論社 1984 (中公バックス 日本の名著 40)
日本政治学会 近代日本の国家像 岩波書店 1983.9 (年報政治学 1982年度)
岡利郎編 山路愛山集 1 三一書房 1983 (民友社思想文学叢書 第2-3巻)
山路愛山 現代金権史 復刻版 ダイヤモンド社 1978 (明治経営名著集完全復刻版)
大久保利謙編 田口鼎軒集 筑摩書房 1977 (明治文学全集 14)
山路愛山編 清河八郎遺著 復刻版 東京大学出版会 1976 (続日本史籍協会叢書 日本史籍協会編 第2期第5巻)
洞富雄 論集・パレオ騎馬民族説 大和書房 1976 (日本古代文化叢書)
明治文学全集 88 筑摩書房 1975
山路愛山 現代金権史 宗高書房 1975
編集・解説:市村弘正 論集・福沢諭吉への視点 りせい書房 1973
隅谷三喜男責任編集 徳富蘇峰 山路愛山 中央公論社 1971 (中公バックス 日本の名著 40)
北村透谷・山路愛山集 筑摩書房 1969 (現代日本文學大系 6)
栗本鋤雲ほか 明治思想家集 講談社 1968 (日本現代文學全集 伊藤整ほか編 13)
立命館大学人文科学研究所編 明治・大正思想の研究 立命館大学人文科学研究所 1968 (立命館大学人文科学研究所紀要 第18号)
山路愛山著 山路平四郎校注 基督教評論・日本人民史 岩波書店 1966 (岩波文庫)
大久保利謙編 山路愛山集 筑摩書房 1965 (明治文学全集 35)
現代日本思想大系 . 第4 筑摩書房 1964
伊藤整 現代日本文学講座〔第8〕 三省堂 1962
昭和女子大学近代文学研究室 近代文学研究叢書 第16巻 昭和女子大学光葉会 1961
山路愛山 史論集 みすず書房 1958
明治文化研究会 明治文化全集 第6巻 改版 日本評論新社 1955
岸本英太郎 明治社会主義史論 青木書店 1955 (資料日本社会運動思想史 明治後期 第3集)
山路愛山 足利尊氏 岩波書店 1949 (岩波文庫 3918ー3920 青(33)-120-2)
山路愛山 徳川家康 下巻 改造社 1941.4 (改造文庫)
山路愛山 譯文大日本史  1 – 10 春秋社 1940
山路愛山 勝海舟 改造社 1930 (改造文庫 第一部 第百八十篇)
山路愛山 東西六千年 春陽堂 1930
山路愛山 譯文大日本史  1 – 5 春秋社 1929 (世界大思想全集 第2期 1-5)
青年雄辯會編 山路愛山大講演集 春江堂 1929
山路愛山 勝海舟 改造社 1929
山路愛山 山路愛山選集 第1~3巻 萬里閣書房 1928
山陰道の観察 : 大家名士 文翫堂書店 1922
山路愛山他 愛山文集 民友社 1922
山路愛山 台山公事蹟 田川誠作 1920
山路愛山 世界の過去現在未来 大江書房 1917
山路愛山 支那思想史・日漢文明異同論 金尾文淵堂 1917
山路愛山他 愛山文集 民友社 1917
山路愛山 山路愛山講演集 第1編 第2編 第3編 大江書房 1916
山路愛山 支那論 民友社 1916
山路愛山 東西六千年 春陽堂 1916
山路愛山 徳川家康 独立評論社 1915
山路愛山編 南洲全集 春陽堂 1915
山路愛山 現代金權史 改訂第4版 服部書店 1914
現代評論会 現代評論叢書 第1-2編 簡易生活社 1914
山路愛山 思ふがまゝに 春陽堂 1914
山路愛山 愛山文集 松岡達 1914 (現代名家文選 巻第7)
山路愛山 現代富豪論 中央書院 1914
山路愛山 岩崎弥太郎 東亜堂書房 1914
山路愛山 岩崎彌太郎 東亞書房 1914
山路愛山 偉人論 二松堂書店 1914
山路愛山 書斎独語 第2 敬文館 1913
山路愛山 為朝論 新潮社 1913
山路愛山 愛山史論 大元社 1913
山路愛山 清河八郎遺著 民友社 1913
山路愛山 日本歴史 巻之1 民友社 1913
山路愛山 伊達騒動記 敬文館 1912 (御家騒動叢書 第1編)
山路愛山 加賀騒動記 敬文館 1912 (御家騒動叢書 第2編)
徳川光圀著、山路愛山訳 譯文大日本史  1 – 5 後樂書院 1912
山路愛山 書齋獨語 敬文館 1911
山路愛山 勝海舟 東亜堂書房 1911
山路愛山 佐久間象山 東亜堂書房 1911
山路愛山 豊太閤 文泉堂書房 1911
山路愛山 校訂豐太閤 廣文堂 1911
山路愛山 西郷隆盛 上巻 玄黄社 1910 (時代代表日本英雄伝)
山路愛山 漢学大意 今古堂 1910
山路愛山 慨世憂國高山彦九郎 三版 大橋省吾 1910
山路愛山 武家時代史論 有隣閣 1910
大隈重信 開国五十年史 開国五十年史発行所 1909
山路愛山 足利尊氏 玄黄社 1909 (時代代表日本英雄伝)
山路愛山 源頼朝 玄黄社 1909 (時代代表日本英雄伝)
佐藤湖月編 明治大家文集 3版 日高有倫堂 1909
山路愛山 豊太閤 服部書店 1909
山路愛山 加藤清正 民友社 1909
山路愛山 現代金權史 服部書店 1908
山路愛山 愛山文集 隆文館 1908 (時文叢書 第2編)
山路愛山 支那思想史・日漢文明異同論 金尾文淵堂 1907
山路愛山(弥吉) 社会主義管見 金尾文淵堂 1906
山路愛山 基督教評論 警醒社書店 1906
山路愛山(弥吉) 講壇と論壇 第1篇 山陽堂 1906
佐藤湖月編 明治大家文集 日高有倫堂 1906
山路愛山(弥吉) 孔子論 民友社 1905
山路愛山 戰時に於ける青年訓 寶文館 1904
山路愛山 懺悔 民友社 1903
山路愛山 伊達騒動記 民友社 1901
山路愛山(弥吉) 読史論集 民友社 1901
山路愛山 青年立身録 民友社 1901
山路愛山 慨世憂國高山彦九郎 文武堂 1900
民友社編纂 勝海舟 民友社 1899
森田思軒他著、徳富蘇峰、山路愛山校定 頼山陽及其時代 民友社 1898 (拾貳文豪 第11巻)

書籍

著者 書籍写真 書名 出版社 出版年
鈴木 一正 山路愛山参考文献目録─明治23年~昭和18年 国文学研究資料館紀要 30 2004年2月
鈴木 一正 山路愛山参考文献目録─昭和21年~平成14年 国文学研究資料館紀要 29 2003年3月
芦谷 信和 山路愛山「頼襄を論ず」(3) 近代文学論創 6 2003年1月
薮田 謙一郎 山路愛山の清末中国観 曙光 2(1) 2003年
川崎 司 山路愛山著作目録 聖学院大学論叢 15(2) 2003年
芦谷 信和 山路愛山「頼襄を論ず」(2) 近代文学論創 5 2002年6月
堀竹 忠晃 「義仲論」(芥川龍之介)試論─高山樗牛、山路愛山との関連から 論究日本文学 76 2002年5月
秋山 駿 批評の透き間(9)出て来い、内田魯庵や山路愛山 季刊文科 (通号 21) 2002年春
芦谷 信和 山路愛山「頼襄を論ず」(1) 近代文学論創 4 2001年6月
池田 智文 近代日本における在野史学の研究─山路愛山の史学思想を中心に 龍谷大学大学院文学研究科紀要 23 2001年度
近藤 裕樹 明治期「同情」思想における一考察─山路愛山をもとにして 文化史学 57 2001年11月
林 えり子 ご一新・江戸方の女たち 山路愛山の祖母 三田文学 [第3期] 79(63) 2000年秋季
青谷 信和 資料 山路愛山著『荻生徂徠』(拾貳文豪第三巻) 近代文学論創 (通号 2) 1999年6月
田中 健夫 山路愛山と『異称日本伝』史料集からの無断引用は孫引きではないのか (研究余録) 日本歴史 (通号 596) 1998年1月
伊藤 雄志 Graham Squires The Search for Japanese Identity─YAMAJI AIZAN 1865-1917 社会科学研究 14(1) 1994年3月
伊藤 雄志 精神主義の覚醒と<日本への回帰>─山路愛山と井上哲次郎 日本思想史学 (通号 25) 1993年9月
槙林 滉二 徳富蘇峰と山路愛山─その影響関係について 広島女子大学文学部紀要 (通号 26) 1991年2月
伊東 昭雄 山路愛山の史論について─「支那論」を中心に 横浜市立大学論叢 人文科学系列 41(1・2・3) 1990年3月
坂本 多加雄 山路愛山の政治思想 学習院大学法学部研究年報 (通号 21) 1986年
山本 幸規 山路愛山と日本メソジスト教会 キリスト教社会問題研究 (通号 33) 1985年3月
坂本 多加雄 山路愛山の思想─とくに前半期の活動を中心として 学習院大学法学部研究年報 (通号 20) 1985年
岡 利郎 山路愛山と「護教」─愛山主筆時代の「護教」論説目録(資料) 北大法学論集 36(1・2) 1985年
山本 幸規 山路愛山の思想形成と「弁妄」─愛山旧蔵「弁妄」をめぐって 文化学年報 (通号 33) 1984年3月
岡 利郎 明治日本の「社会帝国主義」─山路愛山の国家像 (近代日本の国家像) 日本政治学会年報政治学 (通号 1982) 1982年
中村 青史 山路愛山と民友社 熊本大学教育学部紀要 人文科学 (通号 30) 1981年
林原 純生 正岡子規「俳句革新」への一視点─山路愛山「平民的短歌の発達」をめぐって 日本近代文学 (通号 26) 1979年1月
西田 勝 山路愛山再吟味 (明治のキリスト教と文学-2-) 文学 47(4) 1979年4月
加賀 栄治 山路愛山覚え書き─ささやかな集書にちなんで〔含 山路愛山著作(単行本)目録〕 語学文学 (通号 17) 1979年
山本 幸規 山路愛山と基督教─明治二〇年代を中心として キリスト教社会問題研究 (通号 26) 1977年12月
定平 元四良 山路愛山研究-2- 関西学院大学社会学部紀要 (通号 34) 1977年1月
定平 元四良 山路愛山研究-1- 関西学院大学社会学部紀要 (通号 33) 1976年12月
岡 利郎 山路愛山研究序説─「惑溺」と「凝固」-4完- 北大法学論集 26(4) 1976年3月
岡 利郎 山路愛山研究序説─「惑溺」と「凝固」-3- 北大法学論集 26(3) 1976年1月
岡 利郎 山路愛山研究序説─「惑溺」と「凝固」-2- 北大法学論集 26(1) 1975年7月
伊藤 正雄 「福翁自伝」はいかに読まれてきたか─山路愛山から佐伯彰一氏まで (徳山健三教授退職記念論文集) 甲南大学紀要 文学編 (通号 17) 1975年3月
岡 利郎 山路愛山研究序説─「惑溺」と「凝固」-1- 北大法学論集 25(4) 1975年3月
山口 功二 自助論とメディア自立─山路愛山をめぐって 評論・社会科学 (通号 5) 1972年12月
増井 経夫 近代日本と中国-31-内藤湖南と山路愛山 朝日ジャーナル 14(37) 1972年9月
藤井 松一 山路愛山における帝国主義観 (明治・大正思想の研究(特集)) 立命館大学人文科学研究所紀要 (通号 18) 1968年5月
今中 寛司 山路愛山の国家社会主義史観 (民友社の研究(特集)) キリスト教社会問題研究 (通号 12) 1968年3月
木村 時夫 山路愛山の国家社会主義-2-明治ナショナリズムの一断面 早稲田人文自然科学研究 (通号 2・3) 1968年3月
高畑素之 国家社会主義思想の史的構造─山路愛山 季刊社会科学 (通号 12) 1968年1月
木村 時夫 山路愛山の国家社会主義(1)─明治ナショナリズムの一断面 早稲田人文自然科学研究 (通号 1) 1967年6月
今中 寛司 山路愛山の思想とキリスト教─「日本の思想史上におけるキリスト教の位置」 キリスト教社会問題研究 (通号 11) 1967年3月
木村 毅 歴史と文学・山路愛山─明治大正文学夜話-20- 国文学解釈と鑑賞 31(10) 1966年7月
平岡 敏夫 山路愛山「明治文学史」-下- 文学 34(4) 1966年4月
松本 新八郎 山路愛山「足利尊氏」─名著・その人と時代-46- エコノミスト 44(7) 1966年2月
平岡 敏夫 山路愛山「明治文学史」-上- 文学 34(2) 1966年2月
山岡 桂二 山路愛山の歴史思想について 大阪学芸大学紀要 A 人文科学 (通号 11) 1963年6月
片子沢 千代松 山路愛山の基督教観 基督教史学 (通号 12) 1963年2月
内山 俊彦 ある中国思想史家─山路愛山について 中国の文化と社会 (通号 9) 1963年1月
加田 哲二 史家としての山路愛山 論争 4(5) 1962年6月
村山 吉広 山路愛山の「孔子論」─資料紹介 漢文学研究 (通号 10) 1962年1月
島田 厚 明治社会の底辺の友─山路愛山の生涯と思想 思想の科学 第4次 (通号 35) 1961年11月
平岡 敏夫 北村透谷と山路愛山 国文学 解釈と教材の研究 6(11) 1961年7月
谷村 寿子 山路愛山評伝 学苑 (通号 243) 1960年4月
藤田 省三 愛山における歴史認識論と「布衣」イズムとの内面的連関─「山路愛山史論集」を読んで 歴史学研究 (通号 240) 1960年4月

 

コメントを残す