稲村公望「マハティールに見捨てられる日本」英訳

以下は、『月刊日本』2013年4月号に掲載された稲村公望先生のインタビュー記事「マハティールに見捨てられる日本」の全文英訳です。

The Japan That Dr. Mahathir Abandoned (?!)

INAMURA Kobo, Visiting Professor, Graduate School, Chuo University

(This is an excerpt from the April 2013 issue of Gekkan Nippon magazine.)

 

Japan, once the up-and-coming star for the countries of Asia

 

NIPPON: As someone who has struggled against neoliberalism, why is it that you have long taken note of the things that former Malaysian Prime Minister Dr. Mahathir has to say?

 

INAMURA: It’s because Dr. Mahathir’s words have included a strong message that can make we Japanese remember something important that we ourselves have forgotten.

Japanese society westernized after the war, and neoliberalism took hold with the end of the Cold War. As a result, the culture and civilization that the Japanese people themselves developed, along with the shape of the country supported by them, has been disappearing. Dr. Mahathir constantly offered words of encouragement: “Japanese, take pride in Japan’s traditional values!” “Use the power of Japanese civilization to develop the world!”

If I could speak without fear of being misunderstood, I would say that at one time Japan was like the big brother on which Malaysia could depend. In their younger days, it was a splendid older brother, and the younger brother learned many things. Once the older brother got his own household, however, he strayed from the path. His family didn’t have the power to stop it. The younger brother frantically cried out, “Brother, open your eyes!” The older brother should have quickly taken note of his younger brother’s strenuous cries.

Continue reading “稲村公望「マハティールに見捨てられる日本」英訳” »

東洋思想と資本主義─金日坤『東アジアの経済発展と儒教文化』

 いよいよ強欲資本主義の限界が露呈されつつあるが、金日坤氏は『東アジアの経済発展と儒教文化』(1992年)において、次のように指摘していた。
 「人類は今、新しい経済体制のモデルを作っていかなければならない。これはおそらく、今まで制度外の条件として除外してきた、愛の動機、人間尊重、相助共生の原理を経済システムに内部化することによって可能になるだろうと思われる」
 「根源からの解決と接近の基本方向は、欲望の節制と心のコントロールを内部化した経済発展だと思われる。この基本方向は、今まで分離して認識されてきたココロとモノとを一体化し、すべての事柄においてその均衡化あるいは調和を保つことだといえる。簡単にいえば、近代化モデルではモノだけを重視し、儒教ではココロだけを重視していたのであるが、これを一体化し、経済では内部化して、両者の間に均衡、調和をもたらすことである」

許紀霖教授の「新天下主義」とは何か

 許紀霖教授の「新天下主義」とは何か。
 以下、『中央日報』2013年06月21日に掲載された「中国が主張する「新天下主義」…閉鎖性を警戒すべき」を転載する。

 〈アジア時代を迎え、国家主義的な限界を越えた普遍的な価値とは何だろうか。国際政治の冷厳な現実の中、アジアの価値をどのように制度化できるだろうか。
最近ソウル大アジア研究所が主催した「世界の中心アジア、普遍的価値を探して」という討論会で、専門家が公開論争を行った。アジアの普遍価値と実現案を集中模索した専門家の視線はやはり中国に向かった。
ソウル大人類学科の金光億(キム・グァンオク)名誉教授は「中国共産党の長期執権を通じた政治的安定の上で市場経済を接続するという“中国式モデル論”が西欧民主主義と資本主義に対する代案として、中国と西欧および周辺国の間の現実的な妥協原理として提示されてきた」とし「しかしこのモデルは依然として国家という枠の中に閉じ込められている」と指摘した。
白永瑞(ベク・ヨンソ)延世大史学科教授(国学研究院長)は中国を理解するキーワードに「帝国」と「儒教」を提示した。白教授は「(中国が)帝国でなく帝国主義になるのを警戒しなければならない」と強調した。帝国だが帝国主義ではないアジアの価値として、白教授は「新天下主義」に注目した。 Continue reading “許紀霖教授の「新天下主義」とは何か” »

晩年の満川亀太郎─惟神顕修会での修業

 北一輝、大川周明とともに猶存社三尊と呼ばれた満川亀太郎は、日本精神の把握を目指し、不断の努力を重ねた。猶存社解散後の大正13年秋には、民族派の同志、渥美勝、田尻隼人、澤田五郎や出雲大社教の千家尊建らとともに「聖日本学会」を結成していた。「日本精神を研究し、体現し、煥発し、以て神聖なる天壌無窮の皇謨、荘厳なる天業の恢弘を扶翼する」のが目的であった。ただ、同会の運営は軌道に乗らず、昭和3年11月には渥美が死去、やがてその精神は昭和8年2月に、大森曹玄、西郷隆秀らの直心道場に引き継がれた。満川は、再び聖日本学会の精神を再興すべく、昭和10年9月、自ら理事長となって惟神顕修会を旗揚げした。その趣旨を次のように謳った。
「……茲に相胥りて惟神顕修会を起し、広く天下同憂の士と相提携し、身心を清浄にして神前に跪坐し、神明に冥合し、以て皇国遠大の雄飛を庶幾せんとす。/吾人の念願は身を修むるに在り、魂を磨くに在り、惟神の路を践行し且之を弘宣するに在り」
惟神顕修会には、千家尊建、田尻隼人、澤田五郎、大森曹玄ら「聖日本学会」の同志のほか、雑賀博愛、鹿子木員信、草鹿龍之介らが参加し、顧問には、靖国神社宮司の賀茂百樹と、白川家第三十代の雅寿王の曾孫にあたる第33代白川資長子爵が就いた。 Continue reading “晩年の満川亀太郎─惟神顕修会での修業” »

岩崎行親の国体詩

 大正10年8月に、岩崎行親が夫婦で伊勢神宮に参拝したのをきっかけに、国体の真髄を詩にしようとして成ったのが、国体詩である。後に、北海道で林務官を務めていた塩沢健が、この国体詩に注目し、眼目の部分を抜粋して、吟詠に都合良く、もともと五六句からなる国体詩を二四句に省略して、以下の「国体篇」とした。

 

邈兮二千六百秋 (邈たり二千六百秋)
日東肇国基神籌 (日東国を肇る、神籌に基く)
国体之優風土美 (国体の優、風土の美)
宇内万邦無匹儔 (宇内万邦、匹儔無し)
豊葦原之瑞穂国 (豊葦原之瑞穂国は)
是我子孫君臨域 (是れ我子孫の君たるべき域なり)
行兮爾就而治之 (行兮爾、就てを之を治めせ)
寳祚天壌無窮極 (寳祚は天壌と共に窮極無からん)
神訓炳乎如日星 (神訓炳乎として日星の如し)
施之万世民心寧 (之を万世に施して民心寧し)
三種神器教君道 (三種の神器、君道を教ふ)
伝之無窮帝徳馨 (之を無窮に伝へて帝徳馨し)
我皇神孫無姓氏 (我皇神孫姓氏無し)
日本為家君父比 (日本を家と為し君を父に比す)
億兆斉仰一家君 (億兆斉しく仰ぐ一家の君)
義乃君臣情父子 (義は乃ち君臣情は父子)
欲孝親者須忠君 (親に孝ならん欲する者は須く君に忠なるべし)
欲愛国者須愛君 (国に愛せんと欲する者は須く君を尊ぶべし)
忠孝一致君国一 (忠孝一致君国一なり)
我国憲法存古文 (我国憲法古文を存す)
嗚呼美哉日東君子国 (嗚呼美なる哉日東君子国)
上下同心一其徳 (上下心を同じうして其徳一にす)
嗚呼優哉万世一系君 (嗚呼優なる哉万世一系の君)
列聖相承垂功勲 (列聖相承けて功勲を垂る)

門下の山田準は、「実に先生の赤心と覚悟とが茲に表はれ誠に荘重に且つ国体の要領が此程よく歌はれてゐる詩は殆ど珍しいものであります」と書いている。