小学校で教えられていた文天祥─忘却された『靖献遺言』の精神①

 『月刊日本』の連載「明日のサムライたちへ 志士の魂を揺り動かした十冊」で浅見絅斎『靖献遺言』を取り上げています。
2013年3月号には、「内外の別」論の関連で、文天祥、謝枋得、劉因のことを書きました。
戦前、文天祥は小学校の教科書にも登場していました。
例えば、文部省『尋常小學國語讀本 卷10』(日本書籍、昭和4年)の第18章に出てきます。

混合診療拡大によって、まともな医療が受けられなくなる

先端医療をテーマとしたフジテレビ連続ドラマ『ラストホープ』でも取り上げられた混合診療(保険診療と保険外診療(自費診療)の併用を認めること)。
2013年2月15日、政府の規制改革会議(議長=岡素之・住友商事相談役)が、今後取り組む59項目の検討課題を示した。ここには、労働分野の規制改革など広範な項目が並んでいるが、特に危険なのがこの「混合診療」の範囲拡大なのである。
日本医師会は、現在保険の対象となっている診療が保険外となる可能性を指摘している。
全国保険医団体連合会は「混合診療を推進する人たちの本当の狙いは、決して患者さんの選択肢を広げることではなく、本来公的医療保険で扱うべき医療の範囲を縮小し、その分を自由診療に移し変えようというもの」「保険給付の範囲がどんどん縮小され、公的保険では必要な医療まで受けられなくなる危険性があります。これでは、患者さんの選択肢を広げるどころか、逆に『今よりも選択の幅が狭まる』ことになります。 」「相次ぐ医療改悪で、ただでさえ日本の患者負担は先進国一高くなっており受診抑制が広がっています」と主張する。 Continue reading “混合診療拡大によって、まともな医療が受けられなくなる” »