大新聞が隠蔽するACTAの危険性

『東京新聞』2012年9月30日付28面」
なぜ、日本の大手新聞だけがACTAを報道しなかったのか、そして今もしないのか。その理由を徹底的に追求する必要がある。これでは大手新聞が権力とグルになって国民に真実を隠蔽していると思われても仕方がない。
筆者の知る限り、ACTAの危険性を報じている新聞は『東京新聞』だけである。朝日、読売、毎日、日経、産経は全く報道していない。
『月刊日本』10月号では、著作権侵害の非親告罪化による、権力による言論統制など、ACTAの危険性を認識している斎藤恭紀(やすのり)衆議院議員のインタビュー記事を掲載したが、本日(9月30日)、再び『東京新聞』が「こちら特報部、28~29面」で取り上げた。『東京新聞』だけが、その社会的責任を果たしている。
そして、権力による言論統制はTPPによって決定的になる可能性がある。『東京新聞』は外部に流出した、TPPの知財分野の条文案には「①著作権保護期間の大幅延長②著作権・商標権侵害の非親告罪化③法定賠償金の導入─といった要望の柱が並ぶ」と指摘している。

対米自立派の必読書(作成途中)

対米自立派の必読書

 

著者 書籍写真 書名 出版社 出版時期
清水幾太郎 日本よ国家たれ―核の選択 文藝春秋 1980年9月
片岡鉄哉 黒船待ちの日本―ゴーリズム国家をめざして 日本教文社 1982年1月
江藤淳 日米戦争は終わっていない―宿命の対決 その現在、過去、未来 新版 ネスコ 1987年6月 Continue reading “対米自立派の必読書(作成途中)” »

「大御宝」の生活を破壊する労働分野の新自由主義①─「政商とその御用学者」 vs 厚生労働省

 小泉・竹中の新自由主義路線は、「平成の政商」と呼ばれる宮内義彦氏が旗を振り、労働分野にも強引に持ち込まれていった。この流れに終止符を打ったのが、2009年の政権交代であった。同年9月9日、民主党、社会党、国民新党の連立与党は、次のように合意した。
「日雇い派遣」「スポット派遣」の禁止のみならず、「登録型派遣」は原則禁止して安定した雇用とする。製造業派遣も原則的に禁止する。違法派遣の場合の「直接雇用みなし制度」の創設、マージン率の情報公開など、「派遣業法」から「派遣労働者保護法」にあらためる。
だが、ここに来て政商たちは新自由主義路線の本格的復活を目論んでいるように見える。2012年1月、橋下徹氏は宮内義彦氏やソフトバンクの孫正義社長らと会談したという。また、人材派遣パソナの南部靖之社長は橋下氏が大阪府知事選に出馬した際に応援したという(『週刊ポスト』2012年9月7日号)。
橋下氏の「維新八策」には、「雇用政策」として次のように書かれている。
【理念、基本方針】
・民民、官民人材流動化の強化
・徹底した就労支援と解雇規制の緩和を含む労働市場の流動化(衰退産業から成長産業への人材移動を支援)
・ニーズのない雇用を税で無理やり創出しない
・社会保障のバウチャー化を通じた新規事業・雇用の創出(再掲)
・国内サービス産業の拡大(=ボリュームゾーンの雇用拡大)
・正規雇用、非正規雇用の格差是正(=同一労働同一賃金の実現)
・グローバル人材の育成
・外国人人材、女性労働力(→保育政策の充実へ)の活用

橋下氏の登場は小泉路線の再来と期待されているのか。
労働分野における新自由主義路線(効率・競争万能)をめぐる路線対立を、政党間の対立として捉えるべきではない。規制改革会議などを通じて政商たちは常に国の政策を動かそうとしてきたのだ。労働者派遣法を骨抜きにした民主党の変節もまた、そうした視点からとらえると判りやすい。
2006年9月26日の小泉内閣総辞職以来、一部政商による労働法制改悪の流れは転換しつつあった。同年12月13日には、自民党「雇用・生活調査会」の初会合が開かれた。これに関して、後藤田正純衆議院議員は、『週刊エコノミスト』(2007年1月2・9日迎春合併号)で「これまで、労働法制は規制緩和の一点張りだったが、これからは党が責任を持って、規律ある労働市場の創設を働きかけていく」と述べていた。
法政大学教授の五十嵐仁氏は『労働再規制』(ちくま新書)において、自民党「雇用・生活調査会」発足に象徴される動きを、「政の逆襲」の始まりと表現し、さらに「官の逆襲」として厚生労働省の動きについて分析している。 Continue reading “「大御宝」の生活を破壊する労働分野の新自由主義①─「政商とその御用学者」 vs 厚生労働省” »

新亜細亜文化の建設を夢見た歌人・村田光烈

 秋田県出身の歌人として知られた村田光烈(むらた・みつたか)は、大東亜戦争勃発の翌昭和十七年十二月に『新亜細亜の誕生』を出版、新亜細亜文明を構想した。

彼の思想は、日本国体に哲人政治の理想体現を見て、独自の興亜論を唱えた鹿子木員信の思想から影響を受けていた。また、亜細亜の精神的、宗教的価値を称揚した岡倉天心の思想にも通ずる。以下に掲げる『新亜細亜の誕生』の一章「新亜細亜文化の建設」は、そうした村田の思想を最も良く示している。

〈人類文化の揺籃と世界宗教の淵源とを尋ぬる時、そは我が亜細亜を措いて外にない。かの世界最古の文化と呼ばるゝメソポタミヤ乃至古代印度の文化等、欧羅巴文明に先立つこと数千年の往昔に於て、亜細亜には既に卓越せる文化が存在して居り、又世界の三大宗教たる仏教、キリスト教、回教の発祥地も亦実に亜細亜に属する。而して暴戻なる近代資本主義的欧羅巴の征服するところとなつた亜細亜は、今に於てたとへ昔日の栄光を見出すべくもないとは云へ、而も亜細亜独自の高貴な姿に於て、今猶其光芒の搖曳するものあるを看取すること出来るので、我が亜細亜こそ凡そ精神的なる意味に於ての一切の高貴と偉大の源泉であり、釈迦、キリスト、マホメット等の宗教的天才は実に亜細亜の上代に於て此世に出現し、又印度、波斯等の多種多様なる民譚も東洋精神の衷なる魂の力を物語つて居るもので、民話に於ても亦亜細亜は世界の母である。 Continue reading “新亜細亜文化の建設を夢見た歌人・村田光烈” »

「『靖献遺言』を読んで涙を落とさない人は、不忠者に違いない」(山片蟠桃)


懐徳堂出身の町人儒者・山片蟠桃は『夢の代』において、栗山潜鋒の『保建大記』と浅見絅斎の『靖献遺言』を、以下のように絶賛しています。
「日本の書籍多しと雖、世教に渉るはなし、慶長以降武徳熾んにして、文家も亦少とせず、大儒数輩著す所の書、すこぶる孝弟仁義を説くこと多し、中にも栗山先生の保建大記及び浅見先生の靖献遺言これが冠たり…靖献は……屈原以降の八忠臣を主とし、挙てその余これに類したる忠臣を褒し、又これに反したる賊臣を貶して、天下の忠と不忠を正すこと私意を以てせず、万世にわたりて議論なかるべしとす……ああ浅見氏の骨髄この書にあり、此書をよみて涕を落さざる人は、その人必ず不忠ならん、又此の書を以てその浅見氏の人となりを想像すべし、ここにおいてか、予栗山・浅見二先生のこの書をつねに愛玩すること久し、ゆえに論ここにおよぶもの也、我邦の述作においては、先この書を以て最とし読べし、自から得る所あらん必ずこれを廃すべからず、ゆえに丁寧反復す」
もともと、懐徳堂初代学主に就いたのは、絅斎の門人だった三宅石庵でした。懐徳堂には、山片蟠桃に至るまで、崎門学の流れが続いていたのでしょう。

亀井静香氏は、石原慎太郎氏をついに見限ったのか

以下、本澤二郎の「政治評論」亀井静香が吠える(財界にっぽん2012年10月号掲載)を転載させていただく。

<野田は狂っている!民主党は選挙前に過半数を割る、アメリカの召使はNO、ネット選挙で倒幕は成功する>

久しぶり四谷3丁目の亀井静香事務所を訪ねた。10%消費税に突っ込む野田内閣を批判して、自ら立ち上げた国民新党さえも離脱、野党議員となった“政界再編男”の近況を聞くためだ。素浪人になった今を、本人も周辺も坂本竜馬にたとえている。石原新党工作に振り回された場面もあったが、いまや「石原は文士。狼少年」と突き放す余裕をみせる。今回のインタビューは、さしずめ「竜馬吠える」といったところか?

Continue reading “亀井静香氏は、石原慎太郎氏をついに見限ったのか” »

高倉健「気持ちは、映る」

高倉健今夜(9月10日)放送の「高倉健インタビュースペシャル」を視た。
8日放送の感想で、「高倉の演技は文字通り、魂による演技だ」と書いたが、今回のインタビューでそのことが明確になった。
やはり、彼が重視するのは、テクニックではなく魂であった。
『ゴッドファーザー』のマーロン・ブランド。疎遠だった息子が会いに来るシーンを見て、高倉は大仰な芝居がないのに、人の心を打つことを知った。それは、高倉が「どれだけの本物の気持ちを込められるか」が最も重要なのだと確信した瞬間だったろう。
インタビューで高倉は語った。「気持ちは、映る」と。
そして、映画俳優として一番大事なことは感受性だと語った。だから、彼は感受性を高めるために、良い映画を見たり、感動できる小説を読んだり、美術品を見たりするのだという。

 

日本の食が侵される─アメリカ産牛肉の輸入規制緩和へ

2012年9月5日、内閣府の食品安全委員会の専門調査会(座長・酒井健夫日本大教授)は、牛海綿状脳症(BSE)対策で輸入を制限しているアメリカ産牛肉について、現在「20カ月以下」としている輸入規制を「30カ月以下」に緩和してもリスクの差は小さく、「人への健康影響は無視できる」などとする評価案を提示し、了承された。 Continue reading “日本の食が侵される─アメリカ産牛肉の輸入規制緩和へ” »

1991年9月16日─もう一つのフィリピン独立記念日

 1991年9月16日、フィリピン上院周辺は、まるで独立宣言を行ったかのような熱気に包まれていた。この日、フィリピン上院は在比米軍基地存続を盛り込んだ「米比友好協力安保条約」を反対多数で否決したのである。採決に当り、ウィグベルト・タニャーダ(以下、W・タニャーダ)上院議員は声をからして訴えた。
 「最後のアメリカ軍機がわが領空から飛び去り、最後のアメリカ戦闘艦がわが水平線から姿を消す情景は、われわれを大いに奮い立たせるだろう。自らの運命を自らの手にする時がついにくるのだ」
 ウィグベルトの父で、一貫して在比米軍基地撤去のための運動を続けてきたロレンゾ・タニャーダ(以下、L・タニャーダ)元上院議員は、93歳という高齢で透析を受けていたが、「透析などいつでもできる。私はこの歴史的瞬間に立ち会いたいのだ」と、妻の反対を押し切って、車椅子で議場に現われた。
 こうして、フィリピンのスービック基地とクラーク基地から米軍は撤退した。対米追従派が強調しているように、その後中国はスプラトリー諸島(南沙諸島)など、この地域でのアメリカのプレゼンスの後退を埋める形で、そのプレゼンスを拡大したかに見える。しかし、在日米軍基地があるにもかかわらず、尖閣諸島問題は起きた。
いずれにしろ、民族自決を尊重する立場に立てば、在比米軍基地をそのまま置いておいた方がよかったとは言えない。 Continue reading “1991年9月16日─もう一つのフィリピン独立記念日” »