「『月刊日本』」カテゴリーアーカイブ

『GHQが恐れた崎門学』書評6(平成28年12月5日)

 皇學館大学教授の松本丘先生に『神社新報』(平成28年12月5日)で、拙著『GHQが恐れた崎門学』の書評をしていただきました。心より感謝申し上げます。

受け継がれる崎門学 現代的な意義も詳述
 崎門学、すなはち江戸前期の儒学者で、垂加神道を唱へた山崎闇斎の学問と、GHQといふ取合せに、やや意外の感を受ける向きもあるかも知れないが、本書を読み進んでゆけば、すぐにその理由が理解されるであらう。それほどにわが国の歴史における崎門学の存在感が大きいといふことである。
 著者の坪内氏は、これまで『月刊日本』誌上にて、近代志土たちの評伝や、明治維新の先駆となった先哲たちについての記事を長く連載され、また、崎門学研究会を開いてその顧問を務め、崎門重要書の精読を続けられてゐる。
 さて本書では、「志士の魂を揺さぶった五冊」として、浅見絅斎の『靖献遺言』、栗山潜鋒の『保建大記』、山県大弐の『柳子新論』、蒲生君平の『山陵志』、頼山陽の『日本外史』が取り上げられてゐる。それぞれの内容はもとよりであるが、これらの書に崎門学が如何に滲透してゐるのかが明快に説かれてゐる。その記述には、高山彦九郎、真木和泉、吉田松陰をはじめとする勤王家はもちろん、近代の高場乱、権藤成卿といった人物まで登場してをり、明治の王政復古は、崎門学無くしては成らなかったことを改めて認識させられる。
 これは、著者が説かれるやうに「君臣の大義の貫徹に支えられるわが國體が、自らの覚悟と実践に宿る」と信ずる崎門学徒の辛苦の営みによってもたらされたものであった。
 著者は、本書にて強調せんとしたことを「大義によって時代が切り開かれた歴史であり、先人の行為を高みに立って批評家として論うのではなく、その尊さを仰ぎ見る謙虚な姿勢、さらに言えば國體護持に挺身した先人に自ら連なるうとする日本人としての自覚です」と纏められてゐる。かうした著者の真摯なる筆致からは、崎門の学脈が現代にも確乎として受け継がれてゐることを確信することができる。
 なほ、補論では大宅壮一氏や最近の原田伊織氏の明治維新観が俎上に上げられ、痛烈な批判が展開されてゐる。さらに、著者と共に崎門学を研究されてゐる崎門学研究会代表の折本龍則氏による「いま何故、崎門学なのか」も附載されてゐて、崎門学の現代的意義も述べられてゐる。
 本書の発刊に同学の一人として敬意を表すると共に、多くの有志によって繙れんことを祈る次第である。

「明日のサムライたちへ 志士の魂を揺り動かした十冊」折り返し点通過

 山鹿素行『中朝事実』、浅見絅斎『靖献遺言』、山県大弐『柳子新論』、本居宣長『直毘霊』、蒲生君平『山陵志』、平田篤胤『霊能真柱』、会沢正志斎『新論』、頼山陽『日本外史』、大塩中斎(平八郎)『洗心洞箚記』、藤田東湖『弘道館記述義』。志士の魂をゆり動かした以上の10冊を取り上げるというコンセプトで、『月刊日本』平成24年8月号から連載「明日のサムライたちへ 志士の魂を揺り動かした十冊」を開始しました。
それから1年10カ月。ようやく『中朝事実』、『靖献遺言』、『柳子新論』、『直毘霊』、『山陵志』の5冊を完了し、折り返し点を通過しました。
平成26年5月号から『霊能真柱』に入ります。初回は生田萬の乱を取り上げました。

稲村公望先生「日本、情報戦に敗北す」全文英訳

以下は、『月刊日本』平成25年10月号に掲載した稲村公望先生の「日本、情報戦に敗北す」の全文英訳です。

Japan Losing the Information War
Kobo Inamura
Visiting Professor
Chuo University

Japan Falls from Position as Representative of Asia

Interviewer: Professor Inamura, you went back to the Fletcher School of Law and Diplomacy in the United States, where you studied in the mid-1970s, and were shocked to see how much Japan’s presence has declined.

Kobo Inamura: Until the mid-1980s interest in Japan was extremely high in the United States, and Japanese studies were lively. The Edwin O. Reischauer Institute of Japanese Studies was established at Harvard University in 1973, Harvard Professor Ezra Vogel wrote Japan as Number One in praise of Japanese-style management in 1979, and the Reischauer Center for East Asian Studies was opened at Johns Hopkins University in 1984. Continue reading “稲村公望先生「日本、情報戦に敗北す」全文英訳” »

『月刊日本』2013年10月号目次

 
【巻頭言】
南丘喜八郎 自ら反みて縮くんば千万人と雖も吾往かん

【特集 日本の農業を考える】
井尻千男 稲作は日本文化の母だ
神門善久 日本農業・絶望のシナリオ
鈴木宣弘 農業は過保護ではない
浜田和幸 食料はアメリカの金融・軍事戦略だ
中村陽子 田んぼから瑞穂の国を再生する
牧田龍  日本では困難な農業の大規模化
Continue reading “『月刊日本』2013年10月号目次” »

『月刊日本』平成25年4月号主要タイトル

【巻頭言】
壬申の乱に想う   本誌主幹 南丘喜八郎

【羅針盤】
酒井信彦   対岸の火事ではないPM2.5
宮崎正弘   戦国武将とインテリジェンス

【月刊日本論壇】②教育
「日本に生れてよかった」と思える教育を   下村博文
一人前の日本人を育てよ             川口雅昭

【特集】 目覚めよ日本
亀井静香      TPP参加は亡国への道だ!
東郷和彦      米国で高まる日本不信
稲村公望      マハティールに見捨てられる日本
ロナルド・モース  日本は自殺するのか

【TPP—アメリカの狙いとは】①医療
今村 聡  TPPは医療と國體を破壊する!!

【国体論】
坪内隆彦    朝廷上層部が恐れた竹内式部の講義

【連載】
植草一秀       売り渡される日本
三浦小太郎      林房雄と三島由紀夫
山浦嘉久       咲くやこの花
山崎行太郎      柄谷行人論序説(7)
藤井厳喜       いよいよエスカレートする米中サイバー戦争
佐藤 優        『太平記』を読み解く(第56回)
その他多数

【書評】
小林秀雄・湯川秀樹(著) 『人間の進歩について』