「会沢正志斎」カテゴリーアーカイブ

「儒教を排することはわが神道を矮小化することである」─本居宣長 vs. 藤田東湖

 「現在も続く直毘霊論争」(『月刊日本』平成26年1月号)で、本居宣長に対する会沢正志斎の反論を取り上げたが、藤田東湖もまた正面から宣長を批判し、「儒教を排することはすなわちわが神道を矮小化することである」と言い切っている。
 以下は東湖の『弘道館記述義 巻の下』の一節である。

 〈…最近、古代の学問を唱えるものがあって、「仏教はすべて因果で説明し、儒教は天命によってすべてを解釈する。仏教の弊害は儒者がたくみに批判するけれども、儒教の間違いは世間にまだ説明するものがいない」(宣長『直毘霊』)などというものがある。このような人は口を極めて儒教を罵倒し、仁義の徳などというのは後世の法律命令のようなものであり、舜・禹は王莽か曹操と同じような簒奪者であるとなし、「人間の欲望もまた人間の道である」とか、「天命というのは簒奪を合理化する口実である」(同)などといっている。もし、わが国の神道があたかも氷と炭のように儒教とまったく相反するものである、とするならばそういってもいい。しかしもし、わが国の道と儒教が同じ気から生じた花と実のように共通したものであるとするならば、儒教を排することはすなわちわが神道を矮小化することである。そればかりでなく、忠孝仁義という実質は天地はじまって以来、人類の生れつきに備えたところのものである。思うに古代研究を唱える者たちは、俗流の儒者たちの説くところを先王の道と思いこんでいるのだから、なお許すべき点がある。しかし俗流儒者を罵倒するとともに、周公・孔子の真の教えをも抹殺しようとするのは、食物が喉につまって苦しみむせぶのを聞いて、自分も食うことをやめてしまうのと同じである。非常な誤りというほかはない。わが斉昭公は、この点を心配あそばされ、建御雷神を祭って斯の道の由来を明らかにしたまうとともに、あわせて孔子の廟を造営され、斯の道がますます大きく、かつ明らかとなったのは、何によるかというその根本に対して敬意を表したもうたのである。実に完璧な御配慮というべきである〉

國體についての国民的合意が求められている─中村武彦氏『尊皇攘夷』

 対米従属から脱し、國體を回復するための本物の維新が、いま求められている。その際、重要になってくるのが、國體についての国民的合意にほかならない。
 民族派の重鎮中村武彦氏は『尊皇攘夷』(今日の問題社、昭和44年)において、次のように指摘していた。
 〈尊攘派と対立した形の開国論者及び佐幕派の人々も、尊皇攘夷の基本精神においては共通していた。意見として対立したのは、開国へ持って行く時期、順序、方法の違いだけであった。当時の日本人はみな常識として日本の歴史を知り、国体観念を持っていた。頼山陽の日本外史や会沢正志斎の新論は、幕末、書物を読むほどの者なら、武士だけでなく、全国の農民商人の間でもひろく読まれ、共鳴されていた。
 幕末の尊攘維新運動の背後には、このような、いわば広汎なる国民的合意のあったことを見落してはならない。さればこそ、一たび大政奉還から皇政復古への道が決定するや、待っていましたとばかりに国を挙げて維新開明の大行進が始まり、全世界が瞠目する明治の奇蹟的な飛躍発展が行はれたのである。現代日本との根本的な違いが此処にある。
 現代日本には頼山陽なく、水戸学なく、ただ圧倒的なる共産主義の宣伝と、所謂三S政策の影響のみがある。占領下に植民地教育を強制されて以来、今なお日本人、殊に若い世代の歴史と国体に関する無知には、救い難いものがある。肇国の神話も明治維新の歴史も教えられず、楠正成も乃木希典も知らない。世界の何処にこのような自虐的な教育をしている国家があろう〉
 中村氏がこう書いてから45年あまりを経た現在も、状況は変わっていない。

山本七平『近代の創造』の中の『靖献遺言』

 山本七平は『近代の創造』(PHP研究所、昭和62年)において、渋沢栄一の従兄弟で、その師でもあった尾高藍香のことを論じているが、藍香も手にしたと推測される『靖献遺言』を次のように位置づける。
 〈『靖献遺言』『保建大記』『中興鑑言』が、さらに『大日本史』の通俗版ともいえる『日本外史』『日本政記』が明治維新を招来した「思想教科書」であるとは確かに言える。このうち前の三冊は朱子学の系統の崎門学であり、『中興鑑言』の著者三宅観瀾と『保建大記』の著者栗山潜鋒は水戸彰考館の一員で、共に闇斎・絅斎系すなわち崎門学系の思想家である。そしてこの浅見絅斎こそ山崎闇斎の弟子で尊皇の志士のバイブル『靖献遺言』の著者である。だが、これらの人々の思想は……朱子学系統であり、朱子の正統論を絶対化し、正統を護持するためには殉死も辞せずという強い正統論者であったことは共通している。一方水戸には光圀が招聘した中国からの亡命学者朱舜水がおり、その弟子が安積澹泊で水戸彰考館の総裁、要約すればこの二系統を統合したのが初期の水戸学である。しかし観瀾の後は余りたいした学者も出ず、このころは日本の思想に強い影響力をもっていたわけではない。
 ところが藤田幽谷とその子東湖、さらに会沢正志などが出、斉昭がこの東湖によって水戸藩主となり、東湖を側用人、正志を侍読とすると共に、水戸は「思想的権威」のような様相を呈して来た。……だが会沢正志であれ、藤田東湖であれ、本来の姿は水戸藩の「お抱え学者」であり、藩に従属して禄をもらっている以上、浅見絅斎のような完全に自由な思想家ではあり得ない。彼らは「尊皇攘夷」は声を大にして口にしたが、「藩」そのものの否定はもちろん、幕藩体制否定の「倒幕」さえ明確には口に出来ず、その点、決して「倒幕のアジテーター」とはいえない。……尊皇思想を研究された三上参次博士は「一方に於て是書(『新論』や『常陸帯』)を読み一方に於て『靖献遺言』の所信を実行せば、皇政復古の大業の明治維新の際に於て成功せるも強ち異とするに足らざるべし」と記されている。いわば「発火点」は『靖献遺言』であって、水戸学はそれにそそぐ油のようなもの、そして外圧はこれを煽ぎ立てる風のようなものであって、油と風だけでは何も起らないわけである。
 そして発火点とは……「思想の真髄」いわば、天動説を地動説に変えてしまうような「心的転回」を起したときである。そうなれば『新論』も『常陸帯』も激烈な行動へと燃えあがる油にはなりうる。
 そして多くの人の場合は発火点が『靖献遺言』であった〉

会沢正志斎墓参(平成26年7月8日)

平成26年7月8日、茨城県水戸市千波町2367の本法寺跡地にある会沢正志斎の墓にお参りに赴き、『新論』執筆の志に思いを馳せた。
墓表「旌正之碑」は青山延光撰。以下のURLに書き下し文が載っている。
http://www.geocities.jp/sybrma/458seishisaibohyou.kundoku.htm

seishisai

[img src=http://tsubouchitakahiko.com/wp-content/flagallery/seishisai/thumbs/thumbs_005.jpg]3020
<b>Meta Data</b><br><b>Aperture</b> F 2.2<br><b>Camera</b> iPhone 5s<br><b>Date/Time</b> 2014年7月8日 4:40 PM<br><b>Focal length</b> 4.12 mm<br><b>ISO</b> 32<br><b>Shutter speed</b> 1/2420 sec<br><b>Flash</b> Not fired<br><b>Image Width</b> 1536<br><b>Image Height</b> 2048<br><br /><b>EXIF Data</b><br><b>Aperture</b> F 2.2<br><b>Date/Time</b> 2014年7月8日 4:40 PM<br><b>Focal length</b> 4.12 mm<br><b>ISO</b> 32<br><b>Shutter speed</b> 1/2420 sec<br><b>Flash</b> Not fired<br><b>Camera</b> iPhone 5s<br><b>Make</b> Apple<br>
[img src=http://tsubouchitakahiko.com/wp-content/flagallery/seishisai/thumbs/thumbs_001.jpg]6700
<b>Meta Data</b><br><b>Aperture</b> F 2.2<br><b>Camera</b> iPhone 5s<br><b>Date/Time</b> 2014年7月8日 4:41 PM<br><b>Focal length</b> 4.12 mm<br><b>ISO</b> 32<br><b>Shutter speed</b> 1/220 sec<br><b>Flash</b> Not fired<br><b>Image Width</b> 1536<br><b>Image Height</b> 2048<br><br /><b>EXIF Data</b><br><b>Aperture</b> F 2.2<br><b>Date/Time</b> 2014年7月8日 4:41 PM<br><b>Focal length</b> 4.12 mm<br><b>ISO</b> 32<br><b>Shutter speed</b> 1/220 sec<br><b>Flash</b> Not fired<br><b>Camera</b> iPhone 5s<br><b>Make</b> Apple<br>
[img src=http://tsubouchitakahiko.com/wp-content/flagallery/seishisai/thumbs/thumbs_002.jpg]2980
<b>Meta Data</b><br><b>Aperture</b> F 2.2<br><b>Camera</b> iPhone 5s<br><b>Date/Time</b> 2014年7月8日 4:38 PM<br><b>Focal length</b> 4.12 mm<br><b>ISO</b> 32<br><b>Shutter speed</b> 1/1000 sec<br><b>Image Width</b> 2048<br><b>Image Height</b> 1536<br><br /><b>EXIF Data</b><br><b>Aperture</b> F 2.2<br><b>Date/Time</b> 2014年7月8日 4:38 PM<br><b>Focal length</b> 4.12 mm<br><b>ISO</b> 32<br><b>Shutter speed</b> 1/1000 sec<br><b>Camera</b> iPhone 5s<br><b>Make</b> Apple<br>
[img src=http://tsubouchitakahiko.com/wp-content/flagallery/seishisai/thumbs/thumbs_003.jpg]2980
<b>Meta Data</b><br><b>Aperture</b> F 2.2<br><b>Camera</b> iPhone 5s<br><b>Date/Time</b> 2014年7月8日 4:39 PM<br><b>Focal length</b> 4.12 mm<br><b>ISO</b> 32<br><b>Shutter speed</b> 1/930 sec<br><b>Flash</b> Not fired<br><b>Image Width</b> 2048<br><b>Image Height</b> 1536<br><br /><b>EXIF Data</b><br><b>Aperture</b> F 2.2<br><b>Date/Time</b> 2014年7月8日 4:39 PM<br><b>Focal length</b> 4.12 mm<br><b>ISO</b> 32<br><b>Shutter speed</b> 1/930 sec<br><b>Flash</b> Not fired<br><b>Camera</b> iPhone 5s<br><b>Make</b> Apple<br>
[img src=http://tsubouchitakahiko.com/wp-content/flagallery/seishisai/thumbs/thumbs_004.jpg]2990
<b>Meta Data</b><br><b>Aperture</b> F 2.2<br><b>Camera</b> iPhone 5s<br><b>Date/Time</b> 2014年7月8日 4:39 PM<br><b>Focal length</b> 4.12 mm<br><b>ISO</b> 40<br><b>Shutter speed</b> 1/5880 sec<br><b>Flash</b> Not fired<br><b>Image Width</b> 2048<br><b>Image Height</b> 1536<br><br /><b>EXIF Data</b><br><b>Aperture</b> F 2.2<br><b>Date/Time</b> 2014年7月8日 4:39 PM<br><b>Focal length</b> 4.12 mm<br><b>ISO</b> 40<br><b>Shutter speed</b> 1/5880 sec<br><b>Flash</b> Not fired<br><b>Camera</b> iPhone 5s<br><b>Make</b> Apple<br>

会沢正志斎『新論』の二面性


尾藤正英は『新論・迪彝篇』(会沢安著、塚本勝義訳註、岩波文庫)の解説(昭和43年)で、次のように書いている。
〈この思想体系は、本来の性格として支配のための思想であり、「上から」の政治改革の思想であった。しかしそれが過激な現状変革の運動に挺進した青年志士たちの心をとらえ、あたかも革命のイデオロギーとして現実に機能したかのようにみえるところに、大きな問題がある。現在の学界において、本書の思想の性格に関し、対立する二様の見解が成立して、平行線を描いているのも、その微妙な性格のとらえ難さによるのであろう。しかしこれを「封建的支配秩序の合理づけとしての名分論」にすぎないとし、専ら保守的性格のものとみる見解(遠山茂樹氏「尊王攘夷思想とナショナリズム」『尊攘思想と絶対主義』所収)も、逆にこれを「抵抗権」の論理をふくむ下からの革命思想と評価する見解(上山春平氏『明治維新の分析視点』)も、いずれも一面に偏した理解であるように私には思われる。前者では、この政治論にふくまれた革新性が見落される結果となり、後者では、これが支配の思想であったことに注意が向けられていないからである。むしろ本質において支配の思想であったものが、革命運動の主たるイデオロギーとして機能したところに、私たちは明治維新という特異な政治革命の性格を考察するための手がかりを見出すことができる筈であり、本書の内容は、そのような問題を追求するための一つの素材を提供しているのではないかと考えてみたい〉

興亜論と会沢正志斎『新論』─イサム・R・ハムザ氏の解釈

 
 会沢正志斎の『新論』は、文明史的視点を伴なった興亜論(アジア主義思想)の先駆的著作としても位置づけることができる。現在カイロ大学教授を務めるイサム・R・ハムザ(Isam R.Hamza)氏は、「日本における『アジア主義』」(『史学』2006年6月)において次のように書いている。
 〈西欧列強の圧力が徐々に強まってゆくにつれ、日本の対外的危機感は次第に広まり、様々な海防論や攘夷論が著わされた。その中でも、一九世紀前半の鎖国下日本でアジアを含む世界認識の有様をうかがわせる著作は、水戸学派の会沢正志斎(一七八二~一八六三年)の名著『新論』をおいて他にはないであろう。……西欧列強の圧力への反発として当然自国の優越性の認識にむかう動きが生じてきた。会沢もそれを背景にし、世界における日本の位置付けとアジアについて、『新論』でこのように述べている。
 「夫れ神州は大地の首に位す、朝気なり、正気なり
 〈神州は本、日神の開きたまひしところにして、漢人、東方を称して日域となし、西夷もまた神州及び清・天竺・韃靼の諸国を称して、亜細亜と曰ひ、また朝国と曰ふ。皆、自然の形体に因りてこれを称するなり〉。朝気・正気はこれ陽となす、 Continue reading “興亜論と会沢正志斎『新論』─イサム・R・ハムザ氏の解釈” »

会沢正志斎『新論』関連文献

著者 タイトル 雑誌名 巻・号 ページ 出版時期
先崎 彰容 「日本」のナショナリズム : 会沢正志斎『新論』を読む 新日本学 30 46-57 2013
桐原 健真 『新論』的世界観の構造とその思想史的背景 茨城県史研究 91 68-84 2007-02
桐原 健真 東方君子国の落日─『新論』 的世界観とその終焉 明治維新史研究 3 1-15 2006-12
イサム R.ハムザ 日本における「アジア主義」 史学 75(1) 128-139 2006-06
倉持 隆 『新論』2巻 会沢正志斎(安)著 安政4年刊 安政5年正月 松平慶永(春嶽)自筆書入本 Medianet 13 69 2006
子安 宣邦 国家と祭祀(3)祭祀的国家の理念─『新論』と危機の政治神学(2) 現代思想 31(11) 8-15 2003-09
子安 宣邦 国家と祭祀(2)「天祖」概念の再構築─『新論』と危機の政治神学(1) 現代思想 31(10) 26-34 2003-08
安蘇谷 正彦 会沢正志斎の国家思想(中)の下─わが国初の国防論『新論』の神髄 日本及日本人 1632 76-86 1998-10
安蘇谷 正彦 会沢正志斉の国家思想< 中>─わが国初の国家防衛論『新論』の思想と意義 日本及日本人 1631 50-60 1998-07
三谷 博 「新論」覚え書き─〈「忠孝」の多重平行4辺形〉を中心に 歴史学研究報告 22 1-26 1994-03
栗原 茂幸 「新論」以前の会沢正志斎をめぐって 日本歴史 506 84-88 1990-07
栗原 茂幸 「新論」以前の会沢正志斎─註解「諳夷問答」 東京都立大学法学会雑誌 30(1) 181-231 1989-07
前田 勉 「新論」の尊王攘夷思想─その術策性をめぐって 日本思想史研究 19 15-32 1987
長尾 久 会沢正志斎の「新論」-5- 相模女子大学紀要 49 41-54 1985
長尾 久 会沢正志斎の「新論」-4- 相模女子大学紀要 48 33-44 1984
長尾 久 会沢正志斎の「新論」-3- 相模女子大学紀要 47 41-52 1983
長尾 久 会沢正志斎の「新論」-2- 相模女子大学紀要 46 37-49 1982
長尾 久 会沢正志斎の「新論」-1- 相模女子大学紀要 45 31-41 1981
前田 光夫、安田 耿雄 「新論」における国家観 茨城大学教育学部紀要 人文・社会科学 27 17-28 1978

『新論』の著者が知られるまで

 『新論』を書き上げた会沢正志斎はその一部を丁寧に浄書し、文政九(一八二六)年、藤田幽谷の手を通して、藩主哀公(斎修)に献じました。これを見て驚いた哀公は、
「この書の内容には、見るべきものがあるが、時事を痛論して、論旨余りに激烈に過ぎるから、幕府の忌諱に触れる恐れが十分にある。したがって公刊は見合せるが宜しからう」
と注意したのでした。
 そのため『新論』は、当初一部の人々の間に伝写されるにとどまっていたのです。
 弘化年間(一八四四~一八四七年)になって、烈公が幽囚生活を余儀なくされ、正志斎もそれに連座する形で禁固されました。その間、正志斎の門人は、『新論』を無名氏箸として上木したのです。
 こうして、『新論』は世の中の注目を集めることになりましたが、誰もがその著者が正志斎であるとは知らないままでした。
 例えば、『新論』から深い感銘を受けた川路左衛門尉は、「これは、無名氏とあるが、水戸人の手になったものに違いない。これ程の論文を書く人物は、当今藤田東湖のほかにあるまい」と言ったそうです。
 しかし、やがて『新論』が拡がるにつれて、それが正志斎の著書であることが理解され、彼の名は日本中に広まっていったのでした。

忘却された経済学─皇道経済論は資本主義を超克できるか 一

一、肇国の理想と家族的共同体
「人民の利益となるならば、どんなことでも聖の行うわざとして間違いない。まさに山林を開き払い、宮室を造って謹んで尊い位につき、人民を安ずべきである」(宇治谷孟訳)
『日本書紀』は、肇国の理想を示す神武創業の詔勅をこのように伝える。皇道経済論では、国民を「元元」(大御宝)として、その安寧を実現することが、肇国の理想であったことを強調する。
山鹿素行の精神を継承した経済学者の田崎仁義は、皇道の国家社会とは、皇室という大幹が君となり、親となって永遠に続き、親は「親心」を、子は「子心」を以て国民相互は兄弟の心で相睦み合い、純粋な心で結びついている国家社会だと説き、それは力で社会を統制する「覇道の国家社会」とも、共和国を指向する「民道の国家社会」とも決定的に異なるとした[i]
Continue reading “忘却された経済学─皇道経済論は資本主義を超克できるか 一” »