「小島玄之」カテゴリーアーカイブ

小島玄之のクーデター必然論

クーデターの必然性
 戦後民主主義において、テロやクーデターといった実力行使による維新、国家改造の言説はタブー視されてきた。こうした中で、戦前から維新運動を展開してきた小島玄之は、昭和三十五年一月に「クーデターの必然性」(発表時は「クーデターの合理論」、その後『クーデターの必然性と可能性』に収録)を発表、その後半で以下のように主張した。
 「自衛隊では、若い隊員が、一朝有事にそなえ、国の安全を守るという目的から、優秀な兵器で武装し、身命を捧げて戦う訓練をうけている。その中から、違憲の疑義の投げかけられるような自衛論に、いつまでも甘んじておれず、国民の信頼を失うような議会政治の在り方や、そのうえにたつ政治指導に全幅の信頼をかけられず、信頼のおけない政権の命令のままに動くよりも、むしろそうした政治指導を刷新することこそ、国運開顕に貢献する所以であるとの自覚をもつものが、絶対にでないと誰が保証できよう。
 武装兵団にクーデターを起せというのではないし、それを期待するわけでもない。無計画な、そして国民の支持をえられないクーデターが、政治的、社会的混乱を起すことはあきらかである。だから、それはあくまで避けるべきであろう。しかし、クーデターがいけないからといって、いつまでもだらしのない政治指導を許しておいてよいという理由にはならない。 Continue reading “小島玄之のクーデター必然論” »