「金玉均」カテゴリーアーカイブ

「興亜の歴史を上海に見つける」②─『上海歴史ガイドマップ』

 『上海歴史ガイドマップ 増補改訂版』地図編13「虹口」には、松崎洋行、東和洋行をはじめとして、日本人ゆかりの場所が記されている。
 地図の左下、蘇州河に架かる河南路橋付近の「河浜緑賓館」の一角に「東和洋行」と赤字で記されている。ここは、日本人経営のホテルで、金玉均が暗殺された場所。
 また、飄鷹大酒店の北側に松崎洋行と記されている。ここは辛亥革命の最中に、北一輝が拠点としていた日本旅館である。

興亜思想で結ばれた志士のネットワーク

筆者が『アジア英雄伝』で取り上げた二五人の志士たちの多くは、日本に亡命するか、日本が設立した訓練機関などに所属し、興亜の理想を日本人と共有していた。

彼らが信頼した日本人とは、頭山満に代表される、列強の植民地支配に抵抗し、アジア諸民族の独立に手を貸そうとした興亜陣営であった。以下、アジアの志士たちと興亜陣営の結びつきを列挙してみたい。

朝鮮開化派のリーダー金玉均が来日する前年の明治一四(一八八一)年、朝鮮から派遣され視察団の一員として日本に来た魚允中は、副島種臣に招かれて興亜会の宴に列し、アジアの興隆を志す副島に刺激を受けていた。金玉均は、魚允中から副島の興亜思想を伝え聞いたに違いない。金は、訪日直後に興亜会主催の会合に参加し、日本、清、朝鮮三国間の平和、協力を目指した三和主義に基づく「興亜之意見」を発表していた。 Continue reading “興亜思想で結ばれた志士のネットワーク” »

金玉均碑文(朴泳孝撰)訳

嗚呼、非常の才を抱き、非常の時に遇い、非常の功なく、非常の死あり、天の金公を生(いだ)すや是のごときのみや、磊落雋爽(らいらくしゅんそう)にして小節になずまず、善を見ること己れの如く、豪侠にして衆を容るるは公の性なり。魁傑、軒昂として、特立、独行、百折するも屈せず、千万[人といえども]かつ往くは公の気なり。神檀の国家を扶け、磐泰の安きを尊び、聖李の宗社を翼(たす)け、天壌の庥(きゅう)者に基(もと)いするは公の自任の志なり。公、朝に仕えて未だ始めて顕われず、君に得て未だ始めて専らにせず、然り、頑ななる奸戚が〔官職に〕任じ、締比して廷に盈(み)ち、偸(ぬす)みて恬嬉(平安を喜ぶ)に狃(な)れ、壅遏(ようあつ)(押へとめて)恣ままに弄あそび、愷切の言はまさに衆怒を招き、深遠の慮ばかりは反って羣疑を致し、内は而して政令多岐なれば生民愁苦し、外は而して隣交に道を失い、嘖説は紛至し、国、幾(ほと)んど自立する能わず、而して朝夕の憂いあり。慨然として奮決し、謀りて以て君側を清めんと欲し、開国四百九十三年、甲申の冬に至り、同志を糾[合]して、乗輿を慶祐宮に奉じ、朝廷の大事を処置し、三日を越えて上に扈(したが)い昌徳の闕に帰る。餘げつ、清将をそそのかして順を犯し、衆もて寡に相懸る、空拳、張闘するも勢い能く支えるなく、僅かに身を以て日本使館に投じ、因て海を渡り、閒関(ようやく)、命を為(をさ)む。羣奸、公を畏れること甚しく、かつ公に讐(あだ)せんとし、公の甘心を欲するは必せり、前後、刺客を遣わし、項背相望(頻繁)む。公、これを防ぐこと密かにして、かつ庇護の力を得ること甚しきに至り、終に售(讐)然たるを得ず。

Continue reading “金玉均碑文(朴泳孝撰)訳” »