「山路愛山」カテゴリーアーカイブ

忘却された経済学─皇道経済論は資本主義を超克できるか 一

一、肇国の理想と家族的共同体
「人民の利益となるならば、どんなことでも聖の行うわざとして間違いない。まさに山林を開き払い、宮室を造って謹んで尊い位につき、人民を安ずべきである」(宇治谷孟訳)
『日本書紀』は、肇国の理想を示す神武創業の詔勅をこのように伝える。皇道経済論では、国民を「元元」(大御宝)として、その安寧を実現することが、肇国の理想であったことを強調する。
山鹿素行の精神を継承した経済学者の田崎仁義は、皇道の国家社会とは、皇室という大幹が君となり、親となって永遠に続き、親は「親心」を、子は「子心」を以て国民相互は兄弟の心で相睦み合い、純粋な心で結びついている国家社会だと説き、それは力で社会を統制する「覇道の国家社会」とも、共和国を指向する「民道の国家社会」とも決定的に異なるとした[i]
Continue reading “忘却された経済学─皇道経済論は資本主義を超克できるか 一” »

山路愛山関連文献


書籍

著者 書籍写真 書名 出版社 出版年 備考
伊藤雄志   山路愛山とその同時代人たち―忘れられた日本・沖縄 丸善プラネット 2015年10月
山路愛山 源頼朝―時代代表日本英雄伝 平凡社 2008年2月 ワイド版東洋文庫 477
伊藤雄志 ナショナリズムと歴史論争―山路愛山とその時代 風間書房 2005年10月
山路愛山 現代金権史 文元社 2004年3月 教養ワイドコレクション
千葉俊二 坪内祐三 日本近代文学評論選 明治・大正篇史 岩波書店 2003.12 (岩波文庫)
山路愛山 基督教評論 日本図書センター 2003 (近代日本キリスト教名著選集 鈴木範久監修 第3期  キリスト教受容史篇 17)
徳冨蘆花、木下尚江他 徳冨蘆花・木下尚江 筑摩書房 2002.1 (明治の文学 第18巻)
藪禎子、吉田正信、出原隆俊校注 キリスト者評論集 岩波書店 2002 (新日本古典文学大系 佐竹昭広ほか編 明治編 26)
山路愛山 岩崎弥太郎 大空社 1998.11 (近代日本企業家伝叢書 4) Continue reading “山路愛山関連文献” »