「ナジブ・ラザク」カテゴリーアーカイブ

マハティール元首相が新党結成

  マレーシアのマハティール元首相がついに新党を結成した。新党名「マレーシア統一プリブミ党」(Parti Pribumi Bersatu Malaysia)。
 ムヒディン・ヤシン前副首相が2016年8月9日、団体登録局に申請した。議長にはマハティール元首相が、党首にはムヒディン氏が、副党首にはムクリズ・マハティール氏が就任する。
 事の発端は、ナジブ首相の汚職疑惑にある。2009年にナジブ首相の肝いりで設立された政府系ファンド「1MDB」から、不正資金が同首相の個人口座に振り込まれたとの疑惑である。
 『ウォールストリート・ジャーナル』(2016年3月1日付、以下WSJ)の報道によると、ナジブ首相の口座に、2011年から13年の間に10億ドル(約1136億円)を超える入金があった。資金は数カ国の複雑な取引網を通じてナジブ首相の口座に送金された。送金にはアラブ首長国連邦アブダビ首長国の元当局者が関わっていた。
 「1MDB」のアドバイザーを務め、莫大な利益をあげてきたのが、米金融大手ゴールドマン・サックスである。
 両社絡みでマネーロンダリング(資金洗浄)が行われた疑いがあり、米当局だけではなく、世界的な捜査が展開されている。マレーシア、シンガポール、スイス、米国などが協力して調査をしている。
 『ブルームバーグ』(2016年3月10日)によると、ゴールドマンは「1MDB」に食い込むために、ナジブ首相の側近政治家ジャマルディン・ジャリス氏の娘アニス・ジャマルディン氏を採用し、ゴールドマンのシンガポール支店で働かせていたという。 Continue reading “マハティール元首相が新党結成” »

「ナジブ新首相とマハティール路線 明日のアジア望見 第77回」『月刊マレーシア』503号、2009年4月30日

 二〇〇三年一〇月にマハティール首相が引退してから、まもなく六年が経とうとしている。
 この間、マハティール元首相は、自らが後継者に指名したアブドラ首相に対する不満を強めていた。それは、アジアの復権と団結、西洋近代とは異なる独自の発展モデルの追求、自主独立外交の貫徹というテーマについてのアブドラ政権の立場が鮮明ではないと感じていたからだと筆者は見ている。
 昨年三月の下院選挙で、与党連合・国民戦線(BN)が大幅に議席を減らすと、マハティール元首相は、アブドラ首相辞任を迫るようになった。昨年五月一九日には、与党統一マレー国民組織(UMNO)を離党し、アブドラ首相が辞任しなければ復党しないと表明するに至った。当初、アブドラ首相は二〇一〇年半ばの政権委譲計画を明らかにしたが、マハティール元首相らの早期辞任論に押され、今年三月に党総裁を辞めると表明、三月の党役員選挙でナジブ・ラザク(Najib Razak)副総裁が総裁に選出された。 Continue reading “「ナジブ新首相とマハティール路線 明日のアジア望見 第77回」『月刊マレーシア』503号、2009年4月30日” »