「神道夢想流」カテゴリーアーカイブ

神道夢想流・杖道

「武」とは「生(ぶ)」である
樫でできた長さ四尺二寸一分(約130センチ)の杖を用いる杖道は、日本古武道の一つとして現在も継承されている。
古武道は、勝敗を競う競技色の強い現代武道に対して、それぞれの流儀のもとで独特の形として継承されてきた武道であり、そこには日本の伝統・文化が色濃く残存している。したがって、古武道は神道をはじめとする宗教と密接な関係がある。 Continue reading “神道夢想流・杖道” »